シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPテロックアヤのショップハウス、1,800万Sドル で売買

経済

2015年11月3日

テロックアヤのショップハウス、1,800万Sドル で売買

〈シンガポール〉 

テロックアヤMRT駅から20メートルほどのところにある隣り合わせのショップハウス2軒が1,820万Sドル(約15億8,340万円)で売買された。ともに3階建てで、1軒は借地権が2003年から199年、もう1軒は999年。ショップハウスは1階が店舗、2階以上が住居の建物で、保存指定のものもあり、飲食業者が入居する例が多い。

 

取引価格は床面積1平方フィートに換算すると2,600Sドル(約22万3,000円)で、テロク・アエルでは最高水準。買い手はスペインの有力実業家で資産家のリカルド・ポルタベラ・ペラルタ氏。昨年もセントーサ・コーブのコンドミニアム2戸を計2,855万Sドル(約24億5,000万円)で購入していた。

 

ショップハウスのうち1軒は1階に日本食レストラン、上階に海運会社が入居している。別の1軒は売り手が住んでいた。

 

不動産仲介のCBREによると、不動産購入への貸し付け総量規制が導入された13年6月以降、四半期ごとのショップハウス取引は20数件で、額は計2億Sドル(約172億円)以下が一般的。

 

取引件数は減少したが、中央商業地区(CBD)内の保存指定のショップハウス価格は安定している。数が限られているためだ。また商業地区のショップハウスは外国人の購入が認められているため、外国人投資家の関心が高いという。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPテロックアヤのショップハウス、1,800万Sドル で売買