シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPサーキットコースを横切った男、検察が起訴

社会

2015年9月23日

サーキットコースを横切った男、検察が起訴

〈シンガポール〉
検察は、シンガポール・グランプリのレースのさなか、サーキットコースに侵入した英国人、ヨグビタム・プラビン・ドキア(27)を、レーサーの安全を脅かした無分別な行動を理由に起訴した。ドキア容疑者の身長は1メートル85センチで、がっしりした身体つきだ。

 

監視カメラの映像によると、半袖、半ズボン姿のドキア容疑者はフェンス開口部からコース上に入り込み、コースの端をゆっくり歩き、その後、コースを横切りコースの外に出た。 トップを走っていたベッテルはドキア容疑者を視界にとらえた。

 

保釈金は1万5,000Sドルだが、保釈金を積んだ者はいない。ドキア容疑者は失業中で、蓄えは全て航空券に費やしたため、保釈金の余裕はないと裁判官に伝えた。

 

審理は10月7日に行われる。有罪の場合、最長6カ月の禁錮刑が科せられる。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPサーキットコースを横切った男、検察が起訴