シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPKLIA2の滑走路が地盤沈下、エアアジアが指摘

社会

2015年7月28日

KLIA2の滑走路が地盤沈下、エアアジアが指摘

〈クアラルンプール〉
クアラルンプール新国際空港(KLIA)新格安航空ターミナル(LCCT)、「KLIA2」について、エアアジアは滑走路にヒビがあり地盤沈下していると明らかにした。水が溜まっているため、航空機が水たまりの中をを走行しなくてはいけない状態になっているという。

 

アイリーン・オマル最高経営責任者(CEO)は、滑走路をこのまま使用することでさらに悪化し、フライトの遅延や事故につながる可能性があると指摘。マレーシア当局に対して、乗客が怪我するなどの被害が出る前に対応するよう要請したと明らかにした。地盤沈下した場所で部分的な修理が施されたが、永久的な解決方法が必要であるとの見解を示した。滑走路はいまだに沈下し続けているという。

 

KLIA2は格安航空の需要の高まりを受け、現行の格安ターミナル(LCCT)に代わるものとして建設が始まった。当初の完成予定は2012年4月だったが、設計変更などにともなう工事の遅れで少なくとも3度にわたって完成予定が延期され、最終的に昨年5月2日にオープンした。KLIAから西に2キロメートルほどの場所に建設された。元はアブラヤシ農園やゴム農園となっており、沼沢地帯だったことから、地盤が柔らかく沈下しやすい状態にある。

 

エアアジアは、KLIA2のオープン前に滑走路や誘導路において地盤沈下が発見されていたことから、安全な運航を行うことができないとして、旧ターミナルからKLIA2への移転を拒んでいた。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPKLIA2の滑走路が地盤沈下、エアアジアが指摘