シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPGST導入、1ヵ月で消費動向は安定 「外食控え」が62%=民間調...

経済

2015年7月24日

GST導入、1ヵ月で消費動向は安定 「外食控え」が62%=民間調査

〈クアラルンプール〉

広告、マーケティング会社のBBDO(マレーシア)は、向こう6ヵ月で消費が回復するとの予想を示した。4月の物品・サービス税(GST)導入後1ヵ月は消費に影響が出たがその後は安定したという。

 

消費者はGST導入を受け消費を調整するなど適応しており、3月にはGST導入で物価が上昇するとの予測から一時的な駆け込み需要が見られたものの既に消費は安定を取り戻した。

 

BBDOは3月から4月にかけ、消費者動向がGST導入によりどのように影響を受けたかについて調査を行った。調査には企業や一般市民など100人あまりが回答を寄せた。回答者の60%は中所得者。

 

調査ではマレーシア人消費者が節約できるところは引き締める、またライフスタイルを変えるなどして対応していることが明らかになった。回答者の62%は外食を控え、48%は洋服の購入を控えると答えた。また36%は余暇、33%は化粧品の購入を控えると答えた。商品やサービスを販売する企業は価格設定以上にサービスや商品の強みをアピールすることで、リピーターを獲得することができるという。

 

BBDO(マレーシア)は9月か10月にも消費動向調査を実施する予定だ。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXニュースTOPGST導入、1ヵ月で消費動向は安定 「外食控え」が62%=民間調...