シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXライフTOP似たもの英単語の使い分け「abbreviationとacrony...

使えるビジネスイングリッシュ

2008年11月17日

似たもの英単語の使い分け「abbreviationとacronym」

abbreviation(略語)とは、ある言葉からいくつかの文字をとって作られた、短くなった言葉や言い回しのことを言います。大抵の場合、言葉の最初の文字を使います。例としては、Dr.(= Doctor 医師、博士)、IT(= Information Technology 情報技術)、UN(= United Nations 国際連合)、ASEAN (= Association of South-East Asian Nations 東南アジア諸国連合)などがあります。

 

acronym(頭字語、アクロニム)とは、新しい言葉として発音されるようになった abbreviation のことです。例えば、ASEAN「アセアン」がそうですが、UNやITのように個々の文字をそれぞれ発音するものは該当しません。

 

abbreviationacronymの使い方の例

  1. a: What does ATM stand for?
    b: It’s an
    abbreviation for “Automatic Teller Machine”.
    a:「ATMって何の略?」
    b:「“Automatic Teller Machine”(現金自動預け払い機)の略語だよ」
  2. a: Did you know that “scuba” is really an acronym? It stands for “Self-Contained Underwater Breathing Apparatus”.
    b: Really? I thought it was just an ordinary word.
    a:「“scuba”ってアクロニムだって知ってた? “Self-Contained Underwater Breathing Apparatus”(潜水用呼吸装置)の略なんだって。」
    b:「そうなの? 普通の単語だと思ってた」

 

メールや会話などでよく使われる略語

ASAPAs Soon As Possible (できるだけ早く、早急に)
BTWBy The Way (ところで、さて)
EODEnd Of Day(一日の終わり、終業)
FYI/JFYIFor Your Information / Just For Your Information (ご参考までに)
RSVPRepondez S'il Vous Plait (フランス語、お返事ください)
TBCTo Be Confirmed(要確認), To Be Considered (要検討)
TBDTo Be Decided (未定)

 

シンガポールでよく見かける略語

CBDCentral Business District
(オーチャードからシンガポール・リバー沿い、チャイナタウンの一部のエリア)
CPFCentral Provident Fund (中央積立基金)
ERPElectronic Road Pricing (自動道路課金システム)
GSTGoods and Services Tax (物品サービス税)
HDBHousing Development Board (住宅開発局)
MASMonetary Authority Of Singapore (シンガポール金融管理庁)
NTUCNational Trade Union Congress (全国労働組合評議会)
PAPeople's Association (人民協会)
PAPPeople's Action Party (人民行動党)
PUBPublic Utilities Board (公益事業庁)

この記事は、シンガポールの日本語フリーペーパー「AsiaX Vol.134(2008年11月17日発行)」に掲載されたものです。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXライフTOP似たもの英単語の使い分け「abbreviationとacrony...