シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXライフTOPインフルエンザの流行にご注意ください

ヘルスウェイジャパニーズメディカルセンター通信

2015年2月2日

インフルエンザの流行にご注意ください

シンガポールでは1年中インフルエンザの感染者が報告されていますが、12月から2月はインフルエンザ感染者が比較的多く、2015年1月現在、インフルエンザA型(H3N2)が9割程度を占めています(2015年1月10日保健省発表資料)。

症状が出て48時間以内では、抗ウイルス薬の効果が期待できますが、あらかじめワクチンを接種しておくと感染しても症状が軽く経過することが多いです。今シーズンの予防接種がまだの方は医療機関でご相談ください。

感染者の鼻水や唾液の中のウイルス、ドアノブやテーブルなどに付着したウイルスに感染しないようにする4つのポイントをご紹介します。

インフルエンザに感染しない4つの方法

  • 手洗い
    食事の前、調理の前、トイレの後、鼻をかんだ後、ドアノブや手すりを触った後。
  • ワクチン接種
    年に1回ワクチンを接種。
    特にお勧めする人――高齢者、乳幼児(6ヵ月~5歳)、妊婦、慢性疾患のある人、乳幼児や高齢者の家族、医療施設で働く人。
  • 十分な休養
    体調が悪い時は無理をせず休養をとる。インフルエンザや風邪の一番の薬はゆっくり休むこと。体調が悪いときはウイルスにも感染しやすくなる。
  • 咳のエチケット
    インフルエンザの症状がある人は、咳やくしゃみの時にティッシュや袖で口元を覆う。ティッシュは直接ごみ箱へ。

Screen Shot 2015-06-25 at 7.35.39 pm提供=ヘルスウェイジャパニーズメディカルセンター

111 Somerset Road #05-02 TripleOne Somerset S238164

MRTサマセット駅下車すぐ
TEL : 6733-9785(日本語)
Email : japanese@healthwaymedical.com
Twitter: HealthwayMed


 

※健康診断、総合診療、各種予防接種、歯科診療、針灸診療など ヘルスウェイ専門医へのご紹介、日本語サポートサービスを行います。

この記事は、シンガポールの日本語フリーペーパー「AsiaX Vol.274(2015年02月02日発行)」に掲載されたものです。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXライフTOPインフルエンザの流行にご注意ください