シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXライフTOP『チルドレン』伊坂幸太郎

Recommended Books

2004年7月20日

『チルドレン』伊坂幸太郎

photo世界の中心で愛を叫びたくても、そもそも世界の中心が何処なのかわからないので叫べないなと考えてしまう。また、蹴りたい背中なんかないが、殴りたい人間はいるかもしれないなと思ってしまう。そんな私に少しでも共感を覚えた方にお勧めする作家が、今注目の作家、伊坂幸太郎である。

軽妙でどこか人を食ったような文章。時々わざと読者を混乱に陥れようとするかのような物語の展開。本質を見つめているようでもあり、やっぱりそんなに深い意味はないのではないかと思わせる登場人物の台詞。伊坂を読む理由はないかもしれないが、読まない理由は絶対にない、はずである。

その伊坂幸太郎の新作が「チルドレン」。本の帯で著者自ら「短編集のふりをした長編小説である」と言っているが、どう考えるかは読者次第であろう。というよりも、そんなことはどうでも良い話である。昨今流行の「癒し系」作品ではないし、読んだ後に泣きたくなるような作品でもない。でも、心が豊かになったような気がするので不思議だ。軽妙な語りの物語に引き込まれてしまい、ついつい時間を忘れて貪り読んでしまう、そんな不思議な物語。

「俺たちの仕事はそれだよ」

「俺たちは奇跡を起こすんだ」

陣内みたいにこんな台詞をさらりと言ってみたいが、やっぱり恥ずかしくて口にすることはできない。

 

講談社

この記事は、シンガポールの日本語フリーペーパー「AsiaX Vol.003(2004年07月20日発行)」に掲載されたものです。
文=茂見

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXライフTOP『チルドレン』伊坂幸太郎