シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXライフTOP『完全なる証明・100万ドルを拒否した天才数学者』マーシャ・ガッ...

Recommended Books

2010年1月1日

『完全なる証明・100万ドルを拒否した天才数学者』マーシャ・ガッセン著、青木薫訳

photo-16複雑な数学の証明。問題によっては数世紀に渡ってその証明に多くの数学者が取り組む事さえある。最近話題になったものではイギリスの数学者、アンドリュー・ワイルズが解決した「フェルマーの最終定理」の証明もその一つであろう。なんとこの最終定理を証明するのに360年もかかったというから驚きだ。

今回ご紹介する本はそういう世紀の難問についての話である。

100万ドルの賞金がかけられ、世紀の難問のひとつとされた「ポアンカレ予想」の証明。1904年にフランスの数学者アンリ・ポアンカレによって提出されて以来約100年に渡り未解決であった。そしてまた21世紀中の解決も無理であろうと言われていたその証明が、2002年に突然ネット上にアップされ、その後の検証により2006年頃にはその証明が正しい事が確認され、大きな話題となった。しかし、その証明への驚嘆と等しく世の中を驚かせたのはその世紀の難問を解いたロシアの数学者、グリゴリー・ペレルマンのその後の行動であった。数学界で非常に権威のあるフィールズ賞の受賞を拒否し、研究所も辞職、100万ドルの賞金の受け取りも拒否、数学界からも世間からもすべての連絡を絶ってしまったのである。

何故彼は、突然今までの世界から消えてしまったのだろうか……。

本書はその謎へ迫っていく。しかし、実際のところ、本書の著者であるマーシャ・ガッセン本人もペレルマンには取材を再三申し込んでも拒否され、一度も会ったことも、話したことも無いという。世紀の難問を解いたペレルマン。彼はどういう世界で生まれ育ち、世紀の難問を解くに到ったのだろうか。ペレルマンの周囲にいた人たちへの綿密な取材から描き出す傑作評伝。

 

文藝春秋/ISBN:9784163719504

この記事は、シンガポールの日本語フリーペーパー「AsiaX Vol.159(2010年01月01日発行)」に掲載されたものです。
文=シンガポール紀伊国屋書店 里見 幸一郎

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXライフTOP『完全なる証明・100万ドルを拒否した天才数学者』マーシャ・ガッ...