シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXライフTOPシックス・アヴェニュー

エリア

2018年10月30日

シックス・アヴェニュー


2015年に新設された、青のダウンタウンラインが通る『シックス・アヴェニュー』駅。シンガポール屈指の高級住宅街ブキティマの中にあり、緑が多くこじんまりとした佇まいのエリアだ。付近にはラグジュアリーな一軒家が並び、欧米人駐在員が多く住む地域らしく派手ではないけど少しおしゃれなレストラン、カフェが見られる。ちなみにシックス・アヴェニューは、本来この駅の近くにある道の名前。ファースト・アヴェニュー、セカンド……と数字がついた名前の道が、駅から数分の範囲にまとまって存在する。シックス・アヴェニューには一体何があるのか?早速見てみよう。

 

 

歴史と住宅街化した背景

 

 

シックス・アヴェニュー1は、ブキティマ・ロードからの行き止まりを解消する目的で1930年代後半に建設された道路で、後にホランドロードとも繋がるように延長された。1966年に建設された『Masjid Al-Huda(マスジット・アルフダ)』モスクや1902年建設の『Hoon San Temple(フーンサン・テンプル)』寺など宗教施設も近い。

 

19世紀後半には、大豆を発酵したケーキを生産販売する村を含む4つの村からなる『Kampong Tempeh(カンポン・テンペー)』が存在していた。不動産開発業者から土地買収の働きかけが多く、1984年までには、このカンポンエリアには18の木造家屋が残されるのみとなった。しかし残されたカンポンの住民は、ここの暮らしが大変気に入っていたため、土地売却と移転を強靭に拒否したという。1980年半ば、政府は木造家屋を不法とし、現代的な基準に合うように再建築するよう土地所有者に働きかけた。遵守した住民は少なく、その他の住民はついにカンポンを去っていった。

 

1988年には、Ministry of National Development(国家開発省)がブキティマ・エリアを低・中密度住宅地とすべく再開発を始動。それまで活発だった産業活動が段階的に制限、廃止となる。URAはさらに、地域から工業用建造物が立ち退くようインセンティブを与えた。近くに郵便局やスーパーマーケットを建設するなど、地域住民の利便性も向上していった。

 

1991年にはURAがシックス・アヴェニューの土地1.67ヘクタールを、個人宅建設用に売りに出した。不動産業者Ng Teng Fongが土地を購入し1996年にRegent Villasというセミ・デタッチドハウスの数々を建設。現在Regent Villasの一つは土地面積3,340sqftの物件が、387万Sドル(約3億1千万円)で売りに出されている。

 

そんな高級住宅街だが、シックス・アヴェニューを実際に歩いてみると、ちょっと不思議なことに気づいた。シックス・アヴェニュー付近に5つある道路の名前が全て“L”から始まる植物の名前になっている。シックス・アヴェニューに接する“Lemon Avenue(レモン・アヴェニュー)”、“Lotas Avenue(ロータス・アヴェニュー)”2など可愛らしい名前の通りに、一軒家が並んでいる。どの家にも植物が飾られている、素敵な通りだ。

 

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXライフTOPシックス・アヴェニュー