シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXライフTOPクレメンティ

エリア

2018年8月28日

クレメンティ

日本人幼稚園や小中学校所在地として、在星日本人ファミリーに馴染みが深いClementi(クレメンティ)。ジュロン・ウェストとドーヴァーの間に位置したHDB(公団)が多く立ち並ぶ住宅地だ。そのため、学校関係の用事かクレメンティ在住の友人を訪問するとき以外、あまり訪れることがないエリアかもしれない。でも、今回の記事を見たら、クレメンティに行ってみたくなるかも?!広いクレメンティの中でも、今回は『321 Clementi』ショッピングモール近辺で、地元の人たちに聞いた知られざるスポットを紹介する。

 

 

 カンポンからHDBの理想形を実現した地区へ転身

クレメンティという名前は、1887年から1893年まで海峡植民地総督として統治していたSir Cecil Clementi Smith(セシル・クレメンティ・スミス卿)の名前にちなんで名付けられた。かつては沼地があり、不法占拠民がいる土地であり、裏取引や家内産業、農業が盛んな“カンポン(村)”だったが、1970年代に飛ぶ鳥を落とす勢いで進んだHDB開発とともにがらっと変化。施設、サービス、雇用機会の点で、あらゆる社会・経済的ニーズに応えられる“自給自足可能な”エリアとなるべく開発され、発展した。(写真①)現在、クレメンティのHDB在住人口は71,900人(2017年時点)で、そのうちの大半が3ベッドルームのHDBオーナーであるとの統計から、3.25人という国の平均世帯人数から考えてごく一般的な、ローカルファミリーが多く住むエリアと言えよう。2011年にできたクレメンティモール(写真②)は、MRTクレメンティ駅に直結し、公団、商業施設、バスインターチェンジがひとつのコンプレックスにまとまった、初めてのケース。HDBの理想を実現する形で、地域住民の多様なニーズに応えている。

 

痛くない!5ドルでできる糸脱毛

『321 Clementi』ショッピングモール(写真③)の近くで、ローカルの友人が「腕がいい」とオススメしてくれた、糸脱毛ができるお店『Rimpy Beauty Art(リンピー・ビューティー・アート)』(写真④)。糸脱毛と言えば伝統的な脱毛方法で、インドが本場。友人は、大事なイベント前に必ずここに来て眉毛を整えるのだそうだ。HDBエリアの一角にあるこじんまりとしたお店では、インド人女性スタッフが笑顔で迎えてくれた。椅子に腰掛け、カチューシャで髪を上げたら、交差した糸の片方を口に加えて弾くようにして毛抜きが始まった。思ったより、全然痛くない。目をつぶっているので分からないが、どんどん抜けていっているのが音と感触で伝わってくる。これは期待大!友人のような整った美しい眉毛と、産毛なしのきれいな目周りになるだろう。そうワクワクして終了後、鏡を見たら、びっくり。たしかに産毛が綺麗になくなり目元がすっきりしているが、眉毛が細くなりすぎて、いわゆる「昭和の顔」になっていた!「Thick(太め)の仕上がりで」、とオーダーしなければいけなかった、と後で知った。オーダーの仕方を正しく知らなかった筆者が悪いので、行った際にはぜひ正しくオーダーを。お値段は5Sドルとお得で、痛くないし化粧ノリも良くなる糸脱毛。今度は太眉な仕上がりを目指して、リピート確実!

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXライフTOPクレメンティ