シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXライフTOPバレスティア

エリア

2018年7月27日

バレスティア

ノビーナから北に向かうと、ショッピングモールや立ち並ぶコンドミニアムによるモダンな風景が、ある地域に入ると急に変化するタイムスリップ感が面白い。“バレスティア”と呼ばれるエリアで、トムソンロードとセラングーンロードに挟まれたバレスティアロードと、周辺地域を指す。バレスティアロードには中華寺、ホーカーセンター、激安モーテル、ショップハウスに商店が並びローカルな雰囲気が漂う。その中でも筆者が気になっていたのが、ホームストアや照明器具店数の多さ!バレスティアロードには、なぜこのような店が多いのか?今回はその秘密を探ったので、このエリアの知られざる魅力とともにご紹介したい。

 

 

さとうきび農業で発展した歴史

まずは、バレスティア・ロードの歴史から。バレスティアは、1834年に初代アメリカ領事として着任したJoseph Balestier(ジョセフ・バレスティア)氏にちなんで名付けられた、さとうきびのプランテーションで発展した地域だ。当時は虎が頻繁に出没するような地域で、農業を営む労働力として中国人、インド人が雇われたが虎に襲われる事件もあったとか。1848年にはイギリスの高関税導入により農園を売却することになったバレスティア氏は、1852年にシンガポールを去ってしまった。それが19世紀後半以降になると、裕福な個人や家族が移民し、村をつくり、タロイモやライム栽培、そしてさとうきび農業を続けつつも、このエリアを住宅地へと変容させていく。その人々が住んだ、様々な建築スタイルを取り入れたショップハウスやテラスハウスが現在でも残されている。そのため、バレスティア・ロードを歩くと照明器具店やモーテル、寺に混ざって、色鮮やかでノスタルジックな旧邸宅の景観を楽しむことができる。歩いていて次に何が見えるのか予測不可能な、散歩していて飽きない通りだ。

 

バレスティア通りで照明器具を買う理由

バレスティア・ロード一帯に照明器具店や、インテリアリノベーション・DIY用ホームストアが軒を連ねているが、最も古いストアのうちの一つは1971年開業だ。ローカルのタクシードライバーや、訪れた照明器具店の店員などに話を聞くと、昔はこの通りには2、3軒の電器屋がぽつぽつとあるだけだったとか。その店が繁盛し始めたら、次々と他の店も近隣にオープンし始め、照明や家のリフォーム、DIYをするために必要なものを揃えるワンストップ・デスティネーションとして有名になった。“そこに行けばなんでも揃う”店として有名な『IKEA(イケア)』のシンガポール進出は1978年と意外に古い歴史があるが、このバレスティアロードの電器街には、『IKEA』進出前からローカルの人々の信頼を集める何か他の魅力がある。通りを歩いてブランドコンセプトが違う店を何軒もハシゴして、自分の好みに合うアイテムを効率よく見つけられるのが一つ。これは、統一されたコンセプトを提供するストア一軒を見るのでは、得られない経験だ。また、後述するが一つの店でコンセプトががらっと違う商品を扱っているのも魅力だろう。そして、同じような照明でも店により価格帯が大幅に異なるため、数軒まわって値段をチェックすることも大事だと、バレスティアに詳しいタクシードライバーがガイドをしつつ、教えてくれた。

 

クラシカルからモダンなタイルまで豊富に揃う店

そのドライバーが「ローカルがひいきにする店、ここだけは見ておいた方がいい」というオススメのお店が何軒かあったので、巡ってみた。まず、タイルのサプライヤーである『Lian Seng Hin Trading Co Pte Ltd(写真①)(リアン・セン・ヒン・トレーディング)』。ビジネス形態は主にB to Bで、個人宅オーナー、インテリアデザイナー、そして建築業者向けにタイルを供給しているが、その中でもメインの客層は建築業者だとか。モダンな印象のタイルから、古典的でデコラティブなタイル、そしてプラナカン柄の可愛いタイルまで、なんでも揃う(写真②③)。余談だが、店員のみなさんが美女揃いだった。これも、親切でおしゃべりなタクシードライバーが教えてくれた通りだった。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXライフTOPバレスティア