シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXライフTOPポトン・パシール

エリア

2018年6月26日

ポトン・パシール

特別な用事がなければきっと訪れることがない駅、ポトン・パシール。HDBが立ち並び、エキスパートが少ない地域は素朴でどこか温かい。実際に住んだ事があるが、カランリバー沿いの遊歩道で自然に触れる生活ができる上に、物価が安く駅周辺にアメニティが集中して便利な、住むのにも穴場なスポット。ローカルの人々と気軽に知り合いになれて、時間がゆったりと流れるポトン・パシールを、探索してみよう。

 

 

MRTパープルラインに乗っていると、ちょっとした楽しい瞬間が、朝夕の通勤を快適にしてくれることがある。停車駅のアナウンスで「ポトーン……パシ〜ル♫」と、それまでファーラーパッ!(Farrer Park) など字面よりシャープで強気に発音されてきた駅名と違って、急に気の抜けた響きに変わるためだ。そのギャップが大きく、ぷっと笑ってしまうのは、筆者だけだろうか。

 

歴史と現在

ポトン・パシールは、駅周辺に新築のコンドミニアムがいくつか見られるものの、基本的にはローカルな地域。多数の高層HDBが立ち並び、ホーカーやマーケットでローカルの人々が昼夜問わずまったりと過ごしている。セントラルに位置しながらも、ちょっと時間が止まったような古き良き地域。のどかな語感ポトン・パシールの由来は、マレー語で“Cut Sand“だとか。1950年代に農業にとってかわるまでの1900年初めから半ばまで、当地は砕石所として栄えたためだ。

 

ポトン・パシールは1984年の総選挙以来、もっとも長きにわたる単一選挙区(Single Member Constituency )として、またもっとも長く野党議員を務めた、ポトン・パシールの顔として親しまれるLow Thia Khiang氏が率いるシンガポール労働者党(Workers’ Party of Singapore)の選挙区としても有名だ。「私は勇気がある男ではない。でもシンガポールが大好きで、シンガポール人が大好きなんだ」という彼の言葉にあるように、古き良き“村的コミュニティ”をそこかしこに感じる、ポトン・パシール。

 

最初の高層HDBがこの地に建設されたのは、1982年。大抵のHDB敷地内にはヘアサロン、ナーサリー、雑貨屋、子供のプレイグラウンド、バスケットコートなど、要は生活に必要なものがなんでもある。夕方になると、老人やHDBに住む子供が下の広場に集まってきて、プレイグラウンドを囲み世代を超えた団欒のひと時が見られて微笑ましい。

 

自然や人とのふれあいが楽しい

Sri Siva Durga Temple(写真①)の近くでは、ふわりと良い香りがするので香りの方に向かって歩いて行くと、せっせとヒンズーの花飾りを作る店の男性がいた(写真②)。町中でインド系の人を良く見かけるので、インド人コミュニティの規模が大きいのかと感じた。

 

①②

 

ポトン・パシールで町歩きをすれば、必ず出会う笑顔の数々。ホーカーで働く女性たちと和んで話し、野菜マーケットでは安くて新鮮な野菜を物色し、店のおじさんとまた立ち止まって無駄話。つい、時の流れが止まってしまう(写真③④)。

 

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXライフTOPポトン・パシール