シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXライフTOPホウガン

エリア

2018年5月24日

ホウガン

 

ゲイランの北、セラングーンの東に位置するホウガンは、中国語が幅を利かせるローカル色の強いエリア。日本人にはどちらかというとなじみが薄いが、総選挙のたびに注目を集め、政治に大きな影響をおよぼす地区だ。

 

シンガポールの潮州タウン

ホウガンは、広大な森に養豚場が点在するだけであったところに、1979年より政府のニュータウン計画が始まり、現在の姿になった。その際、付近に多く暮らしていた潮州系華僑の人々がホウガンに建ったHDBへの移住を促されたため、今日もホウガンには潮州系住民が多い。現在MRTコヴァン駅のある辺りは、かつてTeochew Villageと呼ばれ、屋台が立ち、ワヤンという劇が上演され、人々が集う場所であった。その名残で今も駅の四方はびっしりと飲食店が立ち並んでいるが、特に潮州系の店が多く、さまざまな種類のものが食べられる。

 

野党選出の伝統

与党人民行動党(PAP)が圧倒的に強いシンガポールにおいて、ホウガンエリア内の選挙区Hougang SMCは、1991年の総選挙以降、現在に至るまで野党労働者党(WP)のメンバーが国会議員を務める地区である。2011年には隣接する選挙区Aljunied GRCもWPの議員を選出した。それ以来、国内でこの2区のみが野党議員地区となっている。口さがなく「政府のサポートが少ないホウガン地区のHDBはみすぼらしい」という人もいるが、実際のところ、HDBはどこもきれいに管理・補修されており、清掃も行き届き、街並みは他のところと変わりがない。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXライフTOPホウガン