シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXライフTOP乳歯が生える時期の注意点とケア

ヘルスウェイジャパニーズメディカルセンター通信

2018年3月1日

乳歯が生える時期の注意点とケア

赤ちゃんは通常、生後6ヵ月頃から下の前歯が生えてきます。その後、上の前歯が生え始め、3歳前後ですべての乳歯が生えそろいます。乳歯が生えてくると虫歯対策など歯のケアをしなければならないのですが、乳児期に甘い物を食べさせることはまずないので、1歳くらいまでは心配する必要はないでしょう。ただし、甘い母乳を飲んだまま寝ることを繰り返しているうちに虫歯になってしまうことがあります。お母さんが日頃から甘い物を摂取する習慣があると母乳に一部が排出されるため、授乳の時期はできるだけ糖分を控えるようにしてください。乳歯のケアは、どうしても嫌がって磨かせてくれないことが多いので、指に濡れガーゼを巻いて軽く歯の表面をこするだけでもよいでしょう。

 

子供の乳歯は全部で20本ですが、まれに歯と歯がくっついた癒合歯(ゆごうし)が下の前歯に見られることがあります。癒合歯があると、永久歯に生え変わる時期に正常に下から永久歯が生えてくるかどうかわかりません。また、下の奥歯も永久歯が生えずに乳歯がそのまま代用歯として残ることがまれにあります。永久歯への生え変わりの時期を待って、レントゲンで確認してもらうとよいでしょう。

提供=ヘルスウェイジャパニーズメディカルセンター

移転しました 176 Orchard Road, #06-05 The Centrepoint, Singapore 238843
TEL : 6733-9785(日本語)
Email : japanese@healthwaymedical.com

Twitter: HealthwayMed


 

※健康診断、総合診療、各種予防接種、歯科診療、針灸診療など ヘルスウェイ専門医へのご紹介、日本語サポートサービスを行います

この記事は、シンガポールの日本語フリーペーパー「AsiaX Vol.331(2018年3月1日発行)」に掲載されたものです。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXライフTOP乳歯が生える時期の注意点とケア