シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXライフTOP駐在員の妻が抱える生活ストレス

ヘルスウェイジャパニーズメディカルセンター通信

2017年10月31日

駐在員の妻が抱える生活ストレス

夫の駐在に帯同した妻が、日本でのキャリアを継続できないケースが海外では多く見受けられます。税金や社会保障といった金銭面の不安から現地で働きたいという希望があっても、就労ビザの問題などから諦めざるを得ないことが多いようです。駐在員の夫は仕事という”逃げ場”がありますが、キャリアを中断して海外暮らしをする妻は直接に生活ストレスにさらされます。「濃密になりやすい日本人同士の付き合いがしんどい」「仕事をしていないせいか社会での役割喪失を感じる」「子供の教育方針に悩んでいる」など、人によって抱えるストレスは多岐に渡ります。

 

とくに、第1子育児中のお母さんは、ストレス度が非常に高いようです。祖父母などの助けが得られず、夫は長期出張で不在のなか初めて育児を体験する、いわゆる「ワンオペ育児」になりやすいのが主な理由です。

 

家事や育児についてあまり気にしすぎず、たまにはヘルパーを頼んで手を抜くなど、お母さん自身がゆったり楽しく過ごすことを心がけるようにしましょう。1~2歳からでも入園可能で、バス通園がベースになっている幼稚園といった“外部”を活用した子育て環境を早めに整えることも、お母さんにとっては大きな助けになると思います。

提供=ヘルスウェイジャパニーズメディカルセンター

移転しました 176 Orchard Road, #06-05 The Centrepoint, Singapore 238843
TEL : 6733-9785(日本語)
Email : japanese@healthwaymedical.com

Twitter: HealthwayMed


 

※健康診断、総合診療、各種予防接種、歯科診療、針灸診療など ヘルスウェイ専門医へのご紹介、日本語サポートサービスを行います

この記事は、シンガポールの日本語フリーペーパー「AsiaX Vol.327(2017年11月1日発行)」に掲載されたものです。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXライフTOP駐在員の妻が抱える生活ストレス