シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXライフTOP日本人スポーツチーム、新年のご挨拶

日本人社会

2005年1月17日

日本人スポーツチーム、新年のご挨拶

あぶさん

p1 (27)我々あぶさんはシンガポールを拠点に子供達に夢を与えるソフトボールチームです。高貴な集団といったイメージが強い我々ですが、実は「来る者拒まず」をポリシーに英語・中国語・事務経験一切不要という条件のもとメンバーが増えています。今では50人を超すまでになり、うち3分の1が女性であるというのも我々がいつも艶のある理由でしょう。我々の本業はソフトボールですが、そこは粋でいなせな我々あぶさん、アンニュイな時間を潮干狩りのような楽しいイベントにリプロデュース。同時に本業を疎かにしないのがこれまたサムライあぶさんで、昨年は5回行われたソフトボール大会のうち3回優勝し、多くのチームの遠過ぎる目標となっております。2005年も恥ずかしいくらいの強さで駆け抜けたいと思っております。

連絡先:9637-4668(小川)

E-mail:abuken1976@yahoo.co.jp
http://plaza.rakuten.co.jp/abusansingapore

チームジャパン

p2 (25)バスケットボールチーム、チームジャパンの部員数は現在男性25名、女性3名、中学生2名で、毎週日曜日午前9時45分〜12時半位までチャンギ日本人小学校体育館で練習を行っています。練習内容は、柔軟・ランニングシュートでアップをした後、3対2やフリースローの練習。その後ゲーム形式で練習を行います。 バスケが好きな方であればどなたでも参加可能です。是非一度顔を出して見てください。ゲーム形式での練習の際、白/色Tシャツでチーム分けをしていますので、参加の際は白と白以外の色Tシャツの二枚を持参ください。また対戦チームも募集しておりますので、よろしくお願いいたします。更に、アジア日本人バスケットボール大会スポンサー募集!(3月5日香港にて開催)

連絡先:9126-2305(鈴木)

http://members.at.infoseek.co.jp/teamjapansin/

沖縄ドラゴンボートクラブ

p3 (3)新年明けましておめでとうございます。沖縄ドラゴンボートクラブって何?それは今でも青春真っ盛りの明るい仲間が集うクラブ。
特別な技術は必要ありません。みんなが初心者、メンバーは老若男女総勢50名。仕事抜きで楽しくつきあえる仲間達。それが我がクラブです。大会は年2回、メンバーは勝利を目指して練習に励みます。ライバルは欧米諸国チーム。日の丸を胸にアジア魂を見せつけてやりましょう!そして大会の感動は忘れられない思い出となるでしょう。海外遠征、他チームとの交流会など楽しいイベントも盛りだくさん。そんな沖縄ドラゴンを今年もよろしくお願いします!

メンバー随時募集中!

連絡先:yamakawa@fle.com.sg(山川)

http://dragonboat.at.infoseek.co.jp/

ネバー・マインド・ライダーズ(通称NMR)

p4 (2)シンガポールに現存するおそらく歴史の最も古いソフトボール・チーム。現在部員は41名。主将は、川村健一郎、戸部田晋一の二人が務める。
モットーは「最強かつ最楽」。老若男女が入り混じるチーム構成は最年少が14歳、最年長58歳で「3世代」チームとして毎週日曜日の練習をエンジョイしています。未経験者でも簡単に溶け込める雰囲気があり、練習後の昼食も楽しい一時です。
一方、勝負にもとことんこだわり、参加全大会でチーム同士の決勝対決、いわゆる「ワン・ツー・フィニッシュ」を目指す。(通常2〜3チームでの大会出場)チーム内には、社会人野球、甲子園経験者もいる一方ド素人も多数。
2004年度日本人会主催大会成績:優勝、準優勝、3位各1回。

男女問わず新入部員募集中

連絡先:9795-3845(広報・梶原)

卓球同好会

p5明けましておめでとうございます。卓球は、ハードな運動量が必要でありながらケガが非常に少なく、子供から年配の方まで、また御夫婦や親子で、いつでもどこでも手軽に楽しめるスポーツです。
現在同好会部員数は小学生を含め総勢約50名に上り、毎週日曜日の朝10時より日本人小学校クレメンティ校にて練習を行っています。また、最近新たに6名のメンバーが加わり、ますます活気が出てきました。
毎週の練習はみんな楽しくをモットーに、各レベルに合わせた練習や試合、上級者による初心者への指導を中心に行っています。競技大会は、春の日本人会主催卓球大会と秋のシンガポールチームとの対抗戦の年2回。初心者・小中学生の入会も大歓迎です。是非一度クレ校体育館を覗いて見て下さい。

連絡先:(2011/8/22更新)
9825-7171(谷河)
E-mail:cd200703at@@nifty.com

シンガポール・ジャパニーズ・ラグビー・フットボール・クラブ

p61995年10月にシンガポール在住のラグビー大好き人間のクラブとして誕生し、2001年7月にはシンガポール日本人会のラグビー同好会として承認されました。 また同年10月からは小中学生向けラグビー教室も開催しています。メンバーには元日本代表で早稲田大学の監督を努めた小林正幸氏、レフェリーとしてワールドカップ出場経験もある八木宏器氏などがいる一方、初めて楕円球を触った人、タッチラグビー専門の人や女性もいます。またこのチームから過去4名の選手をシンガポール代表に送り出しています。 2005年は創立10周年となり、記念行事としての試合や、講演会も予定しています。

未経験者歓迎!タックル等のコンタクトプレーの無い、タッチラグビーからまず始めてみませんか?

連絡先:9620-3474(大西)
http://www.sjrfc.com

バレーボール同好会

謹賀新年
p7体育館に近づくと聞こえてくるボールの音と元気な声!場所はクレメンティ日本人中学校。毎週土曜日の午後3時〜6時まで、高校生から40歳代までのバレー好きの男女が「明るく・楽しく・そして強く」をモットーに練習しています。
バレーボール同好会は、1973年に創立され、今年で32年目を迎えます。
活動内容は、年2回の日本人会主催によるバレーボール大会開催や年1回、各アジアのチームが集うアジア・カップの開催・参加等を行っています。またバレーボールはもちろんのこと、忘新年会、BBQ、ゴルフなどでも盛り上がっています。性別・年齢・経験は一切問いません。やる気のある方を待っています。我々と一緒にさわやかな汗を流しましょう!

連絡先:9626-7710(内藤)

E-mail:tnaito@singnet.com.sg

(2011/8/22更新)http://www.jas.org.sg/aboutus/volleyball/volleyball_ja.html

この記事は、シンガポールの日本語フリーペーパー「AsiaX Vol.028(2005年01月17日発行)」に掲載されたものです。
文= 各チーム

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXライフTOP日本人スポーツチーム、新年のご挨拶