シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXライフTOP世代を超えた美―ヨーロッパの骨董家具

アート

2008年9月1日

世代を超えた美―ヨーロッパの骨董家具

 

p01

 

母国イタリアをはじめフランス、ドイツ、スエーデン、イギリス各国から骨董家具やインテリア雑貨を輸入販売している「アンティクアロ Antiquaro」は、骨董商を意味するイタリア語とオーナーのミケル・アクアロ Michele Aquaroさんのお名前のコラボレーションから生まれた。趣味が昂じてビジネスになってしまった、と語るアクアロさん。

p02「骨董品は古くて小さなキズがあるけれど、それを修理して大切に使うのがいい」。確かにルイ・フィリップ調の整理棚やヴィクトリア調のディスプレイ・キャビネットなどには小さなキズもあるけれど、そのどっしりした木の重みや、手彫りの模様に幾世代もの人々の歴史が刻まれている。1800年代のものが多く、ダイニングセット、サイドテーブルなどの家具のほか、馬を模ったドアベル、銀のキャンドル・スタンド、手彫りのフレームがきれいなミラー、インク壺付きのブロンズ製ペン置きなど、美術品のような品々にうっとり。
凝った彫刻のワイングラスや手描きの絵皿に、ヨーロッパの貴族の暮らしがしのばれる。
「日本人のお客様は投資目的というより、日常的に使いたい、と言ってくれるのがうれしい」とアクアロさん。アートピースのようなアンティークを身の回りに置いて、日々の暮らしに潤いを――。

19 Tanglin Road #02-15 Tanglin Shopping Centre 247909

この記事は、シンガポールの日本語フリーペーパー「AsiaX Vol.129(2008年09月01日発行)」に掲載されたものです。
文= AsiaX編集部

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXライフTOP世代を超えた美―ヨーロッパの骨董家具