シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXライフTOPプロ・アマゴルフトーナメント!

プロだから知ってる!ゴルフのお話

2011年1月1日

プロ・アマゴルフトーナメント!

181皆さんゴルフ楽しんでますか?日本のゴルフトーナメントも終わりました。何と男性・女性の賞金獲得トップが二人とも韓国の方です。凄いですよね?!異国の地、生活習慣や食べ物、言葉が違う国ですよ!
ところで、試合だけでは稼げないプロゴルファー達はどうやって生活をしているのかを少しお話しましょう。プロゴルファーは、私のようにレッスンをしながら、たま~に試合に出て全然結果が伴わず、一生夢を追いかけてる……という方が実はほとんどなのです。もちろん周りの友人や生徒の方には「来週試合なんですよ~!」とカッコよく言っても、優勝賞金は20~80万円で予選落ちをすれば大赤字、たとえ決勝に進んでもトップ5以外は黒字にならないのが現実です。試合の間はもちろんレッスンもできないので、差し引きするとまったく儲かるものではありません。朝早く起きて、毎日緊張しながら4~6日間炎天下の中でゴルフをして一体何がしたいのか?何でこの様な仕事が存在するのかわからなくなる時もあります。
皆さんがテレビで見ているゴルフのトーナメントは、出場するだけでも凄く大変です。いわば超一流企業のエグゼクティブクラスでなければ出られません。「この頃OO選手優勝してないな~?」、「またOO予選落ちだよ!」と良く皆さんから聞きますが、いくらその年は調子が悪くても、トーナメントに出場して年間1,000万円以上を自分の腕で稼ぎ、好きな事で生活ができている彼らは全員成功者だと思います。
ところで、同じプロゴルファーでも男子と女子でもっとも違うのが、プロアマトーナメント。アマチュア3人とプロ1人で18ホールを楽しくまわり、ゴルフのスコアに加えてゲーム形式で得点を競います。各企業がお得意様をご招待し、プロゴルファーとゴルフをしてもらうというもので、その後にレッスン会や会食等が行われます。日本で良い季節でもある9~11月には、毎日のように日本中のどこかで開催されていて、特に女子プロゴルファーは一番の稼ぎ時なのです。ちなみに男子はあまり人気がありません……。経費は主催者側負担で、日当は5~20万円。関東の平均は12万円で関西は5万円と地域によってかなり違います。やはり日当の良い方に良い選手が集まり、悪い方はそれなり?のようです。でも、ここだけの話、選手を選ぶ基準はプロフィールの成績以上に写真とか何とか……嗚呼。

文=JUN OJIMA

1967年生まれ。5歳の時から米国・オーストラリア・マレーシア・南米で生活し8ヵ国語に堪能。1992年プロ転向、アジアを中心に欧州や南米のツアーに参戦。現在マリーナベイゴルフコースでジュニアから上級者まで幅広くレッスンを行っている。レッスンのお問合せはメールもしくはウェブサイトへ。

この記事は、シンガポールの日本語フリーペーパー「AsiaX Vol.181(2011年01月01日発行)」に掲載されたものです。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXライフTOPプロ・アマゴルフトーナメント!