シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXライフTOP早めに始める花粉症対策

ヘルスウェイジャパニーズメディカルセンター通信

2015年12月7日

早めに始める花粉症対策

シンガポールには花粉症を引き起こす草木はほとんどありません。そのため、花粉症の方が日本から引っ越してくると花粉症に悩まされることがなくなり、非常に清々しい毎日を過ごすことができます。しかし、それは花粉症が治っているのではなく、原因となる花粉に接していないだけだということを忘れてはいけません。ですから、花粉症が出始める2月に日本に戻ると、飛行機から降りた瞬間に花粉症の症状に見舞われてしまいます。

 

そうならないためには飲み薬や点鼻薬、点眼薬など薬の力を借りることになります。鼻炎予防のおすすめは点鼻スプレーですが、これは花粉にさらされる1週間ほど前から1日1~2回使用することで症状の出現を抑えることができます。滞在中も継続して鼻にスプレーすれば、アレルギーの反応が起こりにくくなります。その他に抗アレルギー剤の内服薬もありますが、眠気におそわれる場合があるので注意が必要です。また目の周りや鼻の周りにワセリンを塗り、鼻の中や目の中への花粉の侵入を減らすという対症療法もあります。

 

いずれにしても症状がひどくならないようにあらゆる手を使って予防していくことが非常に大切です。2月頃に日本への渡航が決まっている方は早めの受診をおすすめします。

Screen Shot 2015-06-25 at 7.35.39 pm提供=ヘルスウェイジャパニーズメディカルセンター

111 Somerset Road #05-02 TripleOne Somerset S238164

MRTサマセット駅下車すぐ
TEL : 6733-9785(日本語)
Email : japanese@healthwaymedical.com

Twitter: HealthwayMed


 

※健康診断、総合診療、各種予防接種、歯科診療、針灸診療など ヘルスウェイ専門医へのご紹介、日本語サポートサービスを行います。

この記事は、シンガポールの日本語フリーペーパー「AsiaX Vol.293(2015年12月07日発行)」に掲載されたものです。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXライフTOP早めに始める花粉症対策