シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXライフTOPプロの飼育係が常駐、ペットホテル2

シンガポールペットライフ指南

2010年3月16日

プロの飼育係が常駐、ペットホテル2

スクリーンショット 2015-07-01 23.52.17前回ご紹介したペットホテルでは、ただペットを預かって檻に入れておくだけではなく、健康面や精神面でも気を配っている。

多くのペットは飼い主のもとを離れると、ホームシックでストレスをため、食欲がなくなったり、啼き続けたりする犬も多い。「一匹一匹、抱いてあげたり、話しかけてあげたりします。中国正月休暇や夏休みなどはとても忙しくて多くの時間を費やすことは難しいのですが、できるだけのことはします。」とジョージョーさん(右上写真)。

一方広場では犬たちが元気よく走り回っていた。「狭いアパートで飼育されている犬が多いですよね。でもここに来れば、安全な広場で好きなだけ走りまわれます」とトレーナーの男性。ここは子供にとっての保育園か幼稚園みたいなもの。そういえばジョージョーさんが、「シンガポールは子供を産まない人が多いけど、ペットの数は増えているんですよ」と笑っておられた。

海外への移動手続きも

ところでペットホテルの仕事は宿泊施設の運営だけではない。ペットの海外からシンガポールへの移動(インポート)やシンガポールから海外への移動(エクスポート)に関わるサービスもしている。海外へ移動する40日くらい前にペットホテルに連絡すれば、必要な書類を準備してくれるのだ。またブリーダーとしては、ジャーマン・シェパードとゴールデン・レトリバーを扱っており、子犬の販売もしている。

 

 

 

ザ・ペットホテル The Pet Hotel

20, Pasir Ris Farmway 2 Tel: 6582-2222

 

 

スクリーンショット 2015-07-01 23.52.04

 

この記事は、シンガポールの日本語フリーペーパー「AsiaX Vol.163(2010年03月15日発行)」に掲載されたものです。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXライフTOPプロの飼育係が常駐、ペットホテル2