シンガポールのビジネス情報サイト AsiaX熱帯綺羅TOP全米一位を獲得! シンガポール富裕層を 描いたハリウッド映画「ク...

熱帯綺羅

2018年9月27日

全米一位を獲得! シンガポール富裕層を 描いたハリウッド映画「クレイジー・リッチ!」

期待を裏切らない “狂気なほどのラグジュアリー”が痛快

「中国系の人たちは、リッチだから」……。来星してからというものこんなセリフを一体何度聞いたことでしょうか。「クレイジー・リッチ!(CRAZY RICH ASIANS)」には、豪華絢爛な中国系の人々のライフスタイルが描かれていますが、中でも不動産界の女帝を母親にもつアラミンタが、独身最後の記念パーティーとして出席者全員をインドネシア・スマトラ島のリゾートへ母親所有の自家用ジェットで招待するシーンが印象的です。
「スマトラ島には金持ちが多く住んでいる。インドネシアの有名な歌手たちは、中国系富豪のプライベート・パーティーのドサ回りをして稼ぐみたいですよ」。筆者がジャカルタで出会った、中国系の超富裕層向けウェディング専門誌の編集長が教えてくれました。「読者層の結婚式の予算?それはアンリミテッド(無制限)」と言っていたのが忘れられません。
8月15日に全米公開され、堂々全米1位を獲得した「クレイジー・リッチ!」。オールアジアン・キャストによるハリウッド映画の大ヒットは1993年に制作された『ジョイ・ラック・クラブ』以来、25年ぶりとのこと。ちなみに、キャストは様々な国から集められていますが、シンガポール人という設定でありながらいわゆるシングリッシュを話す人は誰もいません。今、「こんなにセクシーな俳優はいない」とアメリカで絶賛されている主人公のニック(ヘンリー・ゴールディング)はブリティッシュ・イングリッシュを話し、「教育はイギリスで受けた」ということを匂わせます。実際に、ヘンリーはマレーシア出身でイギリス人とマレー人のハーフなのだそう。まさに、はまり役です。

 

街中に飾られた「クレイジーリッチ!」(CRAZY RICH ASIANS)ポスター。日本での封切りは9月28日。

 

シンガポール・ロケで選ばれたのはあの名所

撮影場所には、マーライオン公園やマリーナ・ベイ・サンズのインフィニティ・プール、チャイムス・ホール・チャペルやラッフルズ・ホテル、そしてシンガポール三大ホーカーズのひとつであるニュートン・フードセンターが選ばれました。
元修道院で、現在はレストラン等が入った複合施設「チャイムス」で撮影されたシーンは本作のクライマックス、4,000万ドルの結婚式です。普段、この施設付近で気軽にランチをすることも多いのですが、チャペルの中はこれほど美しい内観だったとは!このシーンには、チュウ監督が本作の構想を練っているときに発見したポイントが集約されているとのこと。「どれだけ金をかけたかという問題だけではないのです。この階級の人間なら、それくらいの金は出せる。ヨットもビルも車も同じものを買うことができる。自分も金持ち、周りも金持ちという場合、勝負の決め手はアイデアとオリジナリティです。なので、前代未聞の結婚式にするしかありませんでした。このシーンは派手にならないように考慮し、伝統的なタッチも加えたかった。そこで2メートルくらいの竹の扇には結婚式の縁起物である不死鳥や龍をデザインし、スタンダードな提灯には新郎新婦の名や繁栄と子宝の象徴を描きました」。

 

ウェディングシーンのロケ地、チャイムス・ホーム・チャペル周辺はオープンエアの店が軒を連ねる。

 

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaX熱帯綺羅TOP全米一位を獲得! シンガポール富裕層を 描いたハリウッド映画「ク...