シンガポールのビジネス情報サイト AsiaX熱帯綺羅TOPシンガポールとフィリピンの交差点 LUCKY PLAZAの日曜日

熱帯綺羅

2018年6月25日

シンガポールとフィリピンの交差点 LUCKY PLAZAの日曜日

「このお店にはよく来ますか。いつも行列が出来ていますか?」
   『毎週友人と来ています。日曜日は仕事が休みなので混みますね』
「味やサービスはフィリピンと同じですか?」
   『ほとんど同じですが、少し高いかな。為替レートにもよります』
「マクドナルドよりも高いようだけど、それでもJollibeeですか?」
   『故郷の味ですからね。店内にいるととてもリラックスできます』

 

待ち合わせ場所にもなっているLUCKY PLAZAのメーンエントランス

 

途切れぬ行列、フィリピン人の憩いの場

ここは、オーチャード・ロードの「LUCKY PLAZA(幸運商業中心)」、通称リトル・マニラと呼ばれるショッピングセンター6階にあるフィリピン資本のファストフードチェーン「Jollibee(ジョリビー)」。5月のある日曜日、ランチ時間帯も終わりかけの午後2時前に注文カウンターへと続く長い行列の最後尾に並び、待つ間に後ろに並んだ2人組フィリピン人女性と交わした会話の一部です。2人はメイドの仕事でシンガポールに出稼ぎに来ていて、住み込んでいる家庭は当然違うものの、コンドミニアムが同じことから、日曜日は一緒にリフレッシュすることが多いとのこと。行列に途切れる気配はなく、この時間帯でも次々後ろに列が出来ていくから驚きです。

 

そして30分ほどかけて定番メニューのフライドチキンのセットを受け取ったものの店内はほぼ満席。タガログ語が飛び交い、笑い声にかき消され、そして時々、自撮り棒を使って写真を撮影したグループから歓声が上がります。

 

「LUCKY PLAZA」では、このJollibeeに限らず、あちこちに行列ができています。活気に満ちており、本当にフィリピンに来ているように感じられます。

 

飲食店、金融機関などあちらこちらで行列ができている

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaX熱帯綺羅TOPシンガポールとフィリピンの交差点 LUCKY PLAZAの日曜日