シンガポールのビジネス情報サイト AsiaX熱帯綺羅TOPシンガポール 都市計画の読み方

熱帯綺羅

2018年5月24日

シンガポール 都市計画の読み方

奇抜なデザインのビルが建ち並ぶシンガポール。晴天のもと街中を散歩していて、「この建物はどのような意図で造られたのだろうか?」と、疑問に思うことはありませんか?

 

今回は、シンガポール在住の建築家・藤堂 高直氏に、シンガポールのマスタープラン(都市計画)を踏まえながら、建築物それぞれに込められた意図、知られざる秘密を明かしていただきました。

 

まず、シンガポールの特徴として挙げられるのが大きな地震がほとんどないことです。このため、構造設計の際には免震、耐震について考慮する必要がありません。アクロバティックな設計も可能で、窓ガラスも耐震用にメッシュ入りのものを用いる必要もありません。景観を考えたデザインの設計が可能なのです。

 

CBDの風景には多くの日本人建築家が貢献している。(写真提供: 藤堂 高直氏)

 

緑を増やし「洗練されたデザインを都市」に

シンガポール政府が、1960年代にマレーシアからの独立後、さら地の状態から植物を植え、計画的に「City in the garden」を造り上げてきた歴史的な背景もあります。現在、シンガポールに植生する植物は約1,000種と言われており、そのうちの約40パーセントが原生の植物で、残りの約60%は南米やヨーロッパ、日本から輸入したものです。

 

そして、ビルの屋上や壁面などの空間にもグリーンが多いことに気付きますが、シンガポールには、環境対応建築の評価システムがあり、緑化面積を一定以上満たすと税金が免除されるので積極的に緑化が進むのです。

 

また、洗練された景観に含まれる要素として、照明デザインも重要で、ヨーロッパで都市計画を学んだ経験のあるリー・クアンユー氏の「アジアの国でも欧米並みの洗練されたデザインを都市に取り入れたい」という思いが反映されています。シンガポールの中心地では、ビルの上階の照明は白の照明を基調とし、地上に近い階には暖かい色を使うようにという指針もあります。社名は、ビルの上部(クラウン)に入れることになっており、シンガポールの夜景は美しく、落ち着いてモダンに映ります。

 

シンガポールでは建物を設計するときには、行政側の都市再開発庁(URA)と建築家、そして投資家が組むことが一般的です。建築家は、建築の構想を行政の担当者に伝え、デザインや予算をまとめた結果を投資家に伝えることで、デザインのコントロールも可能になるのです。

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaX熱帯綺羅TOPシンガポール 都市計画の読み方