シンガポールのビジネス情報サイト AsiaX熱帯綺羅TOP密林に残る静寂 SYONAN JINJA跡

熱帯綺羅

2018年4月24日

密林に残る静寂 SYONAN JINJA跡

シンガポール島のほぼ中央に位置するマクリッチ貯水池は、水源の乏しいシンガポールの貴重な水瓶であるとともに、自然を楽しむ人たちのレジャースポットでもある。魚釣りをする人、カヌーの練習をするグループ、そして貯水池の周囲にはなだらかなトレッキングコースが整備されており、ウォーキングやランニングで汗を流す人、ドリアンの実が数多なる巨木を見上げ、あるいはサルの群れなど小動物を発見し歓声を上げる家族連れ、色鮮やかに力強く咲く草花に足を止めシャッターを切るカメラ愛好家らが健康的な一日を過ごしている。

 

シンガポールのほぼ中央に位置するマクリッチ貯水池。日本との縁も深い。
貯水池の周囲に整備されたトレッキングコース。休日は多くの人で賑う。
熱帯林の中ではサルなど様々な動物と遭遇する。

 

また、貯水池に隣接する広大な敷地に広がるのは、シンガポール・アイランド・カントリー・クラブ(SICC)。英国統治下の1891年に設立されたロイヤル・シンガポールの流れをくむアジア屈指の伝統を誇る名門クラブで、国際的なゴルフトーナメントを数々開催し、現在も世界中のVIPが会員として名を連ねているという。

 

このクラブの入口脇に、この辺り一帯の土地と日本とのゆかりを説明するNational Heritage Board(国家文化遺産委員会)の小さな案内板が立っている。

 

タイトルには、「SYONAN JINJA」とあり、2枚の写真も紹介されている。

 

ゴルフコース。背後に貯水池が見え、ジャングルが広がる。
SICCの入口脇に立つ看板。本殿と和橋の写真が紹介されている。

 

伊勢神宮を模して建てられた昭南神社

昭南神社が竣工したのは1942(昭和17)年末。日本統治下のシンガポールは「昭南市」と呼ばれており、鎮護として伊勢神宮を模して、内宮に似た地形のマクリッチ貯水池西端一帯の土地に創建された。ゴルフコースを横切るように参道が整備され、鳥居をくぐり、貯水池対岸まで架かる朱塗りの和橋を渡り、石段を上ったところに拝殿、神殿があったという。

 

当時発行されていた「The Syonan Shinbun(英語版)」の1943年元日付1面中央には、“New Year At Syonan Jinja”の見出しとともに昭南神社の写真が大きく掲載されている。記事からは、1945年8月前後に取り壊されるまでの約3年の間、初詣など慶事の際に中心的機能を果たしていた様子がうかがえる。

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaX熱帯綺羅TOP密林に残る静寂 SYONAN JINJA跡