シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXグルメTOPAsiaXグルメガイド1976年創業の老舗シーフードレストラン 大皿料理を囲んだ食事で会話も弾む

AsiaXグルメガイド

2017年5月29日

1976年創業の老舗シーフードレストラン 大皿料理を囲んだ食事で会話も弾む

レッドハウス クラークキー店

たくさんの飲食店が集まり、夜になると多くの人で賑わうクラークキー。その一角に2016年12月にオープンしたのがRED HOUSEのクラークキー店だ。看板メニューのチリクラブなどスパイシーなシーフード料理を目当てに、地元のシンガポール人だけでなく、日本人や韓国人の観光客らも多く訪れる。

 

322web_Main_IMG_7853

 

REDHOUSEは40年以上の歴史を持つ老舗シーフード料理レストランで、今回紹介するクラークキー店を含めてシンガポール島内で3店舗を経営している。シンガポール名物であるチリクラブを始め豊富なメニューを取り揃えており、客を飽きさせないところが当地で長く愛される理由といえるだろう。

 

日本人に特に人気のメニューが、マテ貝(bambooclam)を刻みニンニクで味付けして蒸した「Steamed Scottish Bamboo Clam With Minced Garlic」。ニンニクの香りが食欲をそそり、お酒もすすむ。また多種多様な点心を用意しており、大人数でたくさんの種類を少しずつシェアする楽しみ方もある。中でもおすすめは、竹炭入りの生地にチリクラブの身を詰めたもので、ピリッと辛いチリクラブとほのかに甘い生地の相性が抜群だ。

 

322web_DimSam_IMG_7765

 

また各種料理は、世界各国のサプライヤーと契約して質の高い食材を仕入れることで、冷凍ではなく生の食材を使用しており、食材本来の味や食感を楽しめるようにしている。料理に使われるソースのほとんどを外注せず自分たちで作るなど、食材だけでなく味の新鮮さにも気を配っている。

 

クラークキー店は開店して半年ほどということもあり綺麗で、白、黒、そしてイメージカラーの赤を基調としたシンプルでモダンな落ち着いた雰囲気となっている。2階建ての店内は1階に40人、2階に200人分の席が用意できるため、大人数での食事にも対応可能。週末になると、2階は結婚式の二次会など各種イベントに使われることも多いという。また店のすぐ前にはタクシー乗り場があるため、帰りの時間を気にせずゆっくり過ごせるのも嬉しいポイントだ。

 

最大30人まで個室で会食が可能

322web_Table_IMG_78292階には個室を3部屋用意している。各部屋には円卓がそれぞれ1つずつ配置されており、一番大きな部屋では16人が座れる。残りの2部屋には各12人まで座れる円卓が置かれており、間仕切りを外して1つの部屋として利用することが可能。その際は最大30人まで対応できる。

 

2階すべてを貸し切ったビジネスイベントも開催できる。円卓に座って参加者一人一人の顔を見ながら、そしてみんなで同じ料理を囲みながら食事をすると、今まで以上に話に花が咲き親密になれるだろう。

 

 

おすすめメニュー

322web_ChiliCrab_IMG_7801
チリクラブ/ 看板メニューのチリクラブ。手が汚れることを気にせず、かぶりついた後は、残ったソースをパンにつけて食べるのがおすすめ。
322web_Seafood
スパイシーシーフードコンビネーション/大き目にカットした白身魚、イカ、エビ、ホタテの貝柱がスパイシーなソースの中にごろっと入った一品。ぷりぷりの歯ごたえが楽しめる。

フリーワードで探す

エリア・ジャンルで探す

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXグルメTOP1976年創業の老舗シーフードレストラン 大皿料理を囲んだ食事で会話も弾む