シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXグルメTOPAsiaXグルメガイド美味しい肴と酒にスポットを当てた、「けいすけ」グループの新たな挑戦

AsiaXグルメガイド

2015年7月6日

美味しい肴と酒にスポットを当てた、「けいすけ」グループの新たな挑戦

SAKE BAR 竹田商店

シンガポールで「豚骨王」「鶏王」「餃子王」など、ラーメン店や餃子店、合わせて計7店舗を展開する「けいすけ」グループが、これまでの店舗コンセプトとは一線を画した和食&酒バー「SAKE BAR 竹田商店」をタンジョン・パガーにオープンした。ラーメンに留まらず、いろいろな業態にチャレンジしたいとの想いから始まった同店は、刺身や焼き魚、おでんといった和食の定番メニューに加え、日本酒や焼酎などのアルコールメニューが充実。思いっきり食事を楽しみたい1次会はもちろん、2次会や食後の1杯を嗜む場所としても利用しやすい。

 

ke1

 

 

ダイレクターの佐藤信康さんが、特にイチオシの料理として挙げたのは3品。

まずは、豆腐を揚げた上でさらに軽く炙った生厚揚げ焼き(7.80Sドル)。外はカリカリ、中はアツアツ、フワフワに仕上がっているほか、大根やおろししょうが、ネギ、鰹節の薬味もたっぷりと乗って絶妙な食感と豊かな風味を味わえる。

ke2

 

 

2品目は、まろやかな味わいの京桜味噌と辛口の信州味噌を合わせて煮込んだサバの赤味噌煮(16.80Sドル)。濃いめの赤味噌がやわらかい身の中までしっかりとしみ込んで、お酒との相性もバツグン!

ke3

 

 

胡麻豆腐に牛乳、豆乳、生クリーム、抹茶を練りこんでつくった名物もっちり抹茶豆腐(6.80Sドル)も忘れずにオーダーしてほしい1品。弾力のあるモチモチとした食感で、食べごたえも十分。1口目はそのままかぶりつき、2口目はみたらしソースとわさびを合わせて食べれば、全く異なる2通りの味を楽し2めるのも面白い。

ke4

 

 

アルコール類はビール、日本酒13種、焼酎10種、ウィスキー6種、梅酒3種など豊富に取り揃えている。
特記すべきは、シンガポールではめずらしく、魔王(348Sドル)、森伊蔵(398Sドル)、村尾(448Sドル)のいわゆる「3M」と呼ばれるプレミアム芋焼酎を提供している点。また、ビールはジョッキ8.50Sドル~、焼酎は6.80Sドル~と、値段も手頃。同店は毎日13時からオープンしているので、夜のみならず、週末には昼から軽く1杯というのも悪くないのでは。

 

ke5

ke6

SAKE BAR 竹田商店

1 Tras Link #01-08 Orchid hotel Singapore 078867

Tel:6444-0880

営業時間:月~日13:00-24:00

www.facebook.com/KeisukeTokyoSG

 

フリーワードで探す

エリア・ジャンルで探す

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXグルメTOP美味しい肴と酒にスポットを当てた、「けいすけ」グループの新たな挑戦