シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXシンガポールのイベントフラワーアレンジメントと陶芸のコラボ「爻 Creative Session」展がJCCにて10月6日...

イベント内容

フラワーアレンジメントと陶芸のコラボ「爻 Creative Session」展がJCCにて10月6日から開催

開催日
10月6日(木)〜10月8日(土)

シンガポールを拠点に活動するアーティストDAN TAKEDAさんと藤堂高直さんによるフラワーアレンジメントと陶芸のコラボレーション「爻 Creative Session」がジャパンクリエイティブセンターにて10月6日から開催されている。

331_large

フラワーアーティストのDAN TAKEDAさん(左)、陶芸作家の藤堂高直さん(右)

 

フラワーアーティストのTAKEDAさんはDAN TAKEDA FLOWER&DESIGNを2008年にシンガポールで立ち上げ、間もなくその手腕を認められて「ルイ・ヴィトン」「シャネル」「カルティエ」「ヴァン・クリーフ」「ピアジェ」「グッチ」など一流ブランドの店舗でフラワーディスプレイを担当。現在はシンガポールを拠点にディスプレイのほか、ウエディングやイベントなど様々な活動を行っている。

藤堂高直さんはシンガポールのDPアーキテクト社に所属する建築家。15歳の時に渡英し、現地で軽度のディスレクシアと診断されるも2008年に建築の名門大学AAスクールを卒業し、ロンドン、ミュンヘン、パリ、東京での研修やプロジェクトを経て現在に至る。陶芸のほか、小説やノンフィクションの執筆、またディスレクシアの認知と理解のための啓蒙活動にも取り組んでいる。

コラボレーションのきっかけは、藤堂さんがTAKEDAさんのアレンジメントを見てTAKEDAさんとのコラボレーションを熱望したことによる。2人の出会いを繋いだJSCOMPASSの長村純子代表がマネージメントする形で展覧会が実現した。「SJ50(日本・シンガポール外交関係樹立50周年)」の認定イベントとなり、ジャパンクリエイティブセンターでの開催の運びとなった。

展覧会前日に行われたオープニングパーティーでは、スペシャルイベントとしてTAKEDAさんによるフラワーパフォーマンスが行われ、多くの参加者たちがTAKEDAさんの紡ぎ出す「秋」を楽しんだ。TAKEDAさんは「ライブパフォーマンスは華道に興味のない人も注目してもらえる。このパフォーマンスをきっかけに「生花」に興味をもってもらえたら嬉しいです」とコメントを寄せた。

197_large

 

 

また、パーティーでは、日本料理レストラン柳’s(http://ryus.jp/ja)による日本酒と、日本酒に合う日本料理が招待客に供された。

108_large

 

初日の10月6日にはジャパンクリエイティブセンターにシンガポールのグレイス・フー文化大臣が展覧会を訪問。シンガポール日本大使館次席 堤尚広公史と共に作家の2人から作品のコンセプトや作品についての説明に耳を傾けた。

フー文化大臣は作品表現の伝統的な手法と先進的な手法のコラボレーション、様々な国から取り寄せられた蘭の使い方、そしてフラワーパフォーマンスにおけるテーマについてなどを質問し、興味深く作品を鑑賞した。

 

198_large

ジャパンクリエイティブセンターに来館したグレイス・フー文化大臣(中央)

 

DAN TAKEDAさんによるフラワーパフォーマンスは10月8日土曜日、午後2時から同会場で実施予定。同時に藤堂高直氏による講演会も行われる。

当コラボレーションは先日10月1日にTower Club にてJScompass主催、メディアジャパン社共催による「SJ50 KANPAI!! SAKE DAY」でもパフォーマンス披露及び作品発表を行った。

 

Dan Takeda x Takanao Todo 「Flower x Pottery 爻 Creative Session」

会場:Japan Creative Centre (Exhibition)

開館時間:月~金曜日9:00-18:00、土曜日10:00-18:00

入場無料

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXシンガポールのイベントフラワーアレンジメントと陶芸のコラボ「爻 Creative Session」展がJCCにて10月6日...