• アジアエックス「ブログ」|AsiaX Blogトップページへ
  • ブログ・シンガプーラ
  • ミッシェルのシンガポール不動産徒然日記
  • チャイナリンガスクール・校長ブログ
  • 外資系銀行員のシンガポール不思議発見記
  • 異国弁護士の奮闘記
  • 鍼と漢方のブログ
  • 新米専業主婦のブログ
  • 東京・深川デザイナーブログ
  • 元・メディアジャパン・サービス・たまごブログ
  • メディアジャパン編集者ブログ
  • メディアジャパン社長ブログ

メディアジャパン編集者ブログ

未経験でメディア業界に飛び込んでしまった編集者の日々のつぶやきです。

2010年12月29日

今年もお世話になりました

早いもので今年も今日を入れてあと3日。シンガポールでは年末年始にお休みとは限らないので、いつも通りに土日が休みというだけで普段の週末となんら変わりない、という方もいらっしゃるようです。そんな方々には反感買いまくりなのを覚悟で白状させて頂くと、私は一昨日からお休みを頂いて、実家の長崎に戻って来ております。

 
気温はヒト桁台と寒いですし、昨日などは一日中風が強くて竜巻注意報が出たりと天候は荒れ気味ですが、私はすっかりネジをゆるめて普段の2~3割ぐらいに力抜いて、母の買い物について行って荷物持ちをしたり、少しお手伝いもしつつのんびり過ごしてます。


いつもは常に同時進行で気にしなければならないことが山のようにあって、足りないアタマは常時パンク寸前(苦笑)。編集中の号に関する特集記事や各コラムの編集、校正、外部とのやりとり、取材、インタビュー、原稿執筆、広告主様との広告内容の確認、新規作成や変更の場合の要件のヒアリングとアイディア出し、コピー作成、ラフ案作成、DTP担当者から上がってきたデザインの確認、お客様とのやりとりを繰り返しながらの調整、ニュース記事作成を外部の方に依頼するためのトピック選定、上げて頂いたニュース記事の確認、金額の円換算と記事への挿入、Web配信のためのシステムへの入力作業、外部委託で作成して頂いたグルメページや新店舗情報、イベント情報などWeb掲載用記事の確認・校正、あるいは自ら取材したりプレスリリースで情報を頂いたトピックの記事作成とWebへの反映、次号以降のページ割り作成、掲載予定の広告の確認、各社ごとの広告契約残回数の管理、特集記事など企画モノに必要な取材の段取りやインタビューの場合は質問骨子作成、Employer's Voiceや営業マンリレー、キャンパス in Singaporeなどの原稿依頼、連載コラムをご担当頂いている方々へのお知らせ、締切りを過ぎているものについてのお知らせ・・・と、今ざっと思いついたものを並べただけで「もうええわ」ってツッコミが相当入ってそうですが(苦笑)、要領の悪いイシバシがこれらをひとりで全部回していくのは無謀もいいところでして、例えば広告関連の作業は全部をやっている訳ではありません。全体の半分以上は社長が受け持っています。また、契約ベースでやっていただいているライターの皆さん、広告をご出稿頂いているお客様方、連載という形でコラムをご執筆頂いている各業界の専門家の方々やリレー形式コラムでご登場頂いた方々など、本当に多くの方々に毎号力を貸して頂いています。おかげ様で今年も一年無事に最後まで走りきることができました。お世話になった皆様、本当にありがとうございました。本来はおひとりおひとりにお伝えすべきなのですが、この場を借りましてお礼申し上げます。


今年のシンガポールは、2つのカジノ総合リゾートが相次いでオープンしたり、史上初開催となったユース五輪が行われたり、3回目にして早くもF1の顔になりつつあるシンガポールGPが行われたりと、大きなイベントが多かった過去数年の中でも特ににぎやかな年でした。特にユース五輪は約2週間と期間も長くシンガポール全体を巻き込んで行われた非常に大規模なイベントでした。複数競技を一日中追いかけ回った後に通常業務や記事作成で連日朝方までオフィスに詰めるハメになりましたが、ユース世代のアスリート達のキラキラした姿を追いかけ始めると我を忘れて没頭してしまいました。個人的にもとても貴重な経験をさせて頂きました。


メディアとして情報を発信する側に入ってもうすぐ丸5年ですが、このアジアエックスというメディアに直接ご協力頂いている皆さんはもちろん、数多くの読者の方々がいなければ、メディアとしては成立しないものだという思いをますます強めています。編集部としては、皆さんにどんな情報をどんな形でお届けするのか、強い意志を持ってやっていかねばなりませんが、それと同時に、その情報と共に広告・宣伝することに価値を見出してアジアエックスを活用してくださる広告主の方々、アジアエックスという媒体から得られるさまざまな情報に期待してくださっている読者の方々、それぞれの思いの間でうまくバランスが取れたものをこれからも形にしてゆければと一編集者として思っています。


一年の最後に、長々と戯言にお付き合いいただきありがとうございました。
皆様、良いお年をお迎えくださいませ。

投稿者:snow日時:2010年12月29日 14:26

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメント

この記事に関するコメントを投稿

ページの先頭に戻る