シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXビジネスTOP任せて安心、日本郵政公社と山九の新しい国際小包サービス

企業紹介

2007年7月30日

任せて安心、日本郵政公社と山九の新しい国際小包サービス

山九シンガポール

 

0

  • 日本郵政公社と山九だからできた低価格
  • 航空か海上、輸送サービスを使い分けてさらにお得
  • 電話一本でお引取りから現地配送まで、SBYにお任せください。

1

日本国内、海外に広く物流のネットワークを持つ山九(SANKYU)グループと国内隅々まで行き渡る信頼のネットワークを誇る郵政公社が、共同で国際小口貨物輸出入サービスを展開。シンガポールにいながら日本語で、しかも電話一本で集荷という便利さ。通関費用を含んだ一貫サービスのパック料金が、航空輸送で知られる大手の国際小口貨物サービスのそれと比べても割安だ。SBYでは、IT企業、電気・電子部品、自動車部品関連企業、アパレル関連、レストラン、お稽古教室等、さまざまな業種の企業にサービスを提供している。これから個人で輸出入ビジネスを始めたい場合にも利用価値大のサービス。

 

 

ご利用料金は、サイズ別に6種

IMG_0854

※特殊事項が発生した場合等はパック料金に含みません。パック料金については、「よくある質問」もご参照ください!複数で、または大口貨物の輸送が必要な場合、別途ボリュームディスカウントあり。

  • お届けまでのリードタイムは、通関業務を経て、航空便で3~4日間前後、船便で10~14日間前後。

※重量、サイズのどちらか一方が越えている場合、越えている方のサイズにあわせたカテゴリーで対応。

SBYの国際小包、お預かりからお届けまでの流れ

3

  • シンガポールでの集荷はシンガポールポストが行い、山九グループによる通関手続きと輸送を経て、日本到着後は郵政公社が個々のお届先まで配達。
  • 日本から発送する場合は、郵政公社が玄関口まで集荷に訪れるという逆の流れでシンガポールのお届先まで配達。
  • 配達予定のタイミングに合わせて航空便と船便のどちらかを選べ、さらなるコスト削減も可能。

よくある質問

30kg(三辺合計170cm)を超える荷物を送りたいのですが、SBYで送ることは可能ですか?
1カートンが30kg以内になるように、数カートンに分けて送って頂ければ可能です。料金は1カートンごとに計算いたします。数カートンに分けられない場合は、山九フォワーディングサービスをご利用ください。
詳しくは山九シンガポール、SBYコールセンターへ電話、メールにてお問い合わせください。
パック料金以外には、料金は発生しないのですか?
発生する場合があります。例えば、発送する品物により関税や消費税がかかる場合、あるいは税関検査等が発生した場合が挙げられます。その際は、実費をご請求させて頂いております。
日本の集荷先が海外輸送を行った経験がありません。手続きの方法などSBYから説明してもらえますか?
SBYコールセンターにお気軽に日本語でお問い合わせください。直接ご説明させていただく事も可能です。
SBYはシンガポール←→日本間の輸送だけですか?
シンガポールからのルートは現在拡大中です。
日本からの発送については香港、上海、北京、青島、大連、華南エリア、タイ、マレーシア、インドシア、ベトナムが可能です。山九フォワーディングサービスは世界中に対応が可能ですので、ご相談ください。
具体的にどんな荷物をSBYで送れますか?
実際に輸送する品物もさまざまで、家電、自動車部品、電子部品、金属加工部品、 繊維等があげられます。商品の内容によっては輸送が出来ないものも一部あります。
詳しくは、SBYコールセンターまでお問い合わせください。

山九シンガポールについて

46

1971年に山九株式会社の海外現地法人として設立。シンガポールにある日系企業の中でも長い歴史を持つ総合物流機工サービス会社だ。 工場構内物流から国際物流までを提供し、蓄積された技術やノウハウを活かした物流のアウトソーシングも請けている。また、機工事業として石油・石化プラントや一般産業プラントの設計、製作、輸送、据付そしてメンテナンスまで幅広いトータルサービスを提供している。物流と機工を効果的に結びつけ、輸送から据え付けに至るまで、顧客のニーズに応えるという高品質な一貫責任作業体制のサービスには定評がある。「今回のSANKYUビジネスゆうパックに見られるようなサービスも、多様化する顧客のニーズと海外各地に拠点を持つ山九ネットワークならではの発想からスタートしました。今後もサービスを提供するエリアを拡大して行く予定です」とセールス・プランニング部門のマネジャーである山野井氏は語る。SBYビジネスを着々と確立することで、オフィスの中で「SBYしておいて下さい」と代名詞化する日も近そうだ。

 

 

こんなところにもある山九シンガポールのお仕事

5

アジアエックスでも何度か取り上げたビボシティーのパブリックアートの数々を見事据え付けたのが、山九シンガポールであるという事を知る人は少ない。高さ15mのスノーマンや、屋上の水場の中にある高さ8メートルの鉄棒に人がぶら下がっているアート作品の据付けなど、これまでシンガポールでは前例がなかった。技術的に据付けを引き受けられる会社がなかなか見つからず、巡り巡って山九シンガポール社がその依頼を請ける事になった。夜間のクレーン作業や厳しいスケジュールのもと、7体のパブリックアートを確実に据付け、無事ミッションを達成。これまでの経験や技術の蓄積が成し得たといっても過言ではないだろう。

お問合せ先

SANKYU (SINGAPORE) PTE LTD

11 Clementi Loop, Singapore 129813

TEL:6469-3911

FAX:6469-7400

E-mail:sby@sankyu.com.sg

SBYコールセンター山本(Ms)まで、どうぞ!

+65-6892-4111(シンガポール)・0120-339-639(日本)

SBYウェブサイト:http://www.sankyu.co.jp/sby/

SANKYU (SINGAPORE) PTE LTD
11 Clementi Loop 129813
TEL:6469-3911
E-mail:sby@sankyu.com.sg

11 Clementi Loop Singapore 129813

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXビジネスTOP任せて安心、日本郵政公社と山九の新しい国際小包サービス