シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXビジネスTOPライザップ流トレーニングで体質改善

企業紹介

2019年7月25日

ライザップ流トレーニングで体質改善

RIZAPの減量は低糖質食の指導とともに、筋肉量を下げないところが特色。多くの医師の監修によって生まれたトレーニングプログラムを、その方の体力、年齢に合わせて専属トレーナーが最初から最後まで丁寧にマンツーマンで指導することで会員数13万人を突破しました。
 

トレーニングは必要?

 
 前回の記事で、低糖質食事法がII型糖尿病に有効であることを述べました。いわゆる食事療法のアプローチです。これにプラスして、トレーニングを行うことで、より効果の高い体質改善が見込めます。特に筋肉量を増やすと、筋肉細胞内へのブドウ糖の取り込みが活発になるため、高血糖状態になることを予防できます。ジョギングや体操のような有酸素運動だけでなく、筋トレや短距離走のような、酸素を使わずグリコーゲンをエネルギーにする無酸素運動も加えることが重要です。
 

おススメ無酸素運動

 
 なぜ、ジョギングなどの有酸素運動だけでは物足りないのか。その秘密は「成長ホルモン」という物質にあります。成長ホルモンとは、ウェイトトレーニングを行う際に分泌されるホルモンのことで、体脂肪の燃焼促進効果・筋肉の合成を高める効果・記憶力の向上など様々な効果をもたらしてくれます。具体的には、10回動作を行うのが限界!という重さを設定し、3セット行ってみましょう。1回のトレーニング時間は30分でも十分な成長ホルモンの分泌を見込めます。
 

筋肉is MONEY

 
 身体の大きい力士に糖尿病の人は少ないということは知っていましたか?主な理由の一つとして彼らの「筋肉量が多い」ことが挙げられます。実は、体内に吸収された糖分は筋肉に一定量貯蔵することができます。また、血糖値の調節も筋肉で行われます。加齢や運動不足によって筋肉量が減ると糖分の貯蔵スペースが少なくなり、血糖値の急上昇やその調整能力の低下を招いてしまいます。筋肉は身体のラインを美しく魅せるだけでなく、健康面でも重要な役割を果たしているのですね。
 2019年も半分が過ぎ、来年の東京オリンピック開催も迫ってきました。皆さん、是非この機会に、「筋肉貯筋」はじめましょう!
 

 


 
2017年10月RIZAP株式会社に入社。東京都内店舗にて1年間勤務後、2018年10月に来星。夢はRIZAPの世界五大陸進出。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXビジネスTOPライザップ流トレーニングで体質改善