シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXビジネスTOP「有限な命をどう生きるか」 問いかけるポップアート 俳優、画家と...

シンガポールEYE

2018年9月29日

「有限な命をどう生きるか」 問いかけるポップアート 俳優、画家として表現し続ける時代のアイコン

人生の中でずっとやりたかったことを、その時がきたらやろうと自分に言い訳をして、後回しにしていませんか。今回取材したのは、人生のある地点で、有名俳優から画家への転身を決断したシンガポール人アーティストのジェイ・オーさん。彼は、有限の人生の中で無限の欲がある人間の固定観念や先入観をすくいとり、“人生への気づき”を喚起する絵を主に描きます。ポップアート様式でわかりやすいモチーフを用い、シュルレアリスム的な世界観が独特。アンディ・ウォーホルが旗手のポップアートが流行った当時のアメリカと、今のシンガポールに共通する時代背景は、大量消費社会です。シンガポールを代表する表現者として長年時代を見てきた彼が、この描き方と価値観に行き着いたことは現代のシンガポールを映し出しているように思えてなりません。アートの発信を通して日に日に影響力を増す彼の世界観には、日々忙しい私たち日本人ビジネスマン・ウーマンにとって、ふと人生を振り返りたくなるようなヒントが沢山ありました。

 

―まず、画家を志したきっかけを教えてください。

若い頃から、絵を描くのが好きでした。20歳の頃から始めた俳優としての長年のキャリアがありましたが、7年前にあるきっかけにより「人生、手遅れになる前に、今やりたいことをやろう」と決心しました。「リタイヤしてから、やりたかったことをやろう」と考える人は、多いでしょう。でも、私は“今に生きる”ことの重要さを認識したので、今後の人生は絵を描いていこうと決心して、フルタイムの画家になりました。テレビドラマなど俳優の仕事をたまにすることもありますが、朝から晩まで絵を描く生活をしています。

 

Female Guard (女性の守衛)

 

―メンターはいますか?

いません。絵画は独学で学びました。絵を描き続けることにより、独自のスタイルが生まれてきました。

 

―インスピレーションは?

人との会話であったり、自然であったり、どこにでも見つけることができます。人の心の中など重いテーマを描いた後は、誰もが知っている人物画、あまり深く考えなくても描けるモチーフにすることが多いです。

 

―俳優もされていたとのことですが、“表現する”というアウトプットの意味では、絵を描くことと共通すると思いますが、違いはありますか?

大きく違います。俳優の仕事にはプロデューサーがおり、表現方法はその指示に従わないといけません。全てコントロールされています。でも、絵を描く時には、自分が全て決めることができます。自分がプロデューサーでコントロール権があり、自分の世界を完全に表現できる自由があります。そこが好きなところです。

 

―主な作品のエピソードを教えてください。

例えば『Human Greed (人間の欲) 』という作品では、人間の五大欲求を描きました。五大欲求とは、財欲・色欲・飲食欲・名誉欲・睡眠欲です。それらを追求した結果、最後には病気になって薬が必要になるかもしれないという皮肉も込められています。これらの欲求は無限で、一つ手に入るとまた次と際限がありません。人生は有限です。足るを知ることは、
“感謝をして今に生きる” という幸せにつながります。
また『FemaleGuard(女性の守衛)』という作品はこんなエピソードを基にしています。ある時北京にいたところ、大学教授の友人が「美しく産まれた女性は、大学に行かなくても良い。もう卒業したのと同じようなことだから」と私に言いました。それを受けてこの絵を製作し、その友人に見せたところ彼は大笑いをしたのです。人生はまさに、冗談の連続です。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXビジネスTOP「有限な命をどう生きるか」 問いかけるポップアート 俳優、画家と...