シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXビジネスTOP音には癒やす力があります。チベットのシンギングボウルで心と身体の...

AsiaX for Women

2018年8月10日

音には癒やす力があります。チベットのシンギングボウルで心と身体のバランスを整える

外国人にとって住みやすい国と言われるシンガポール。女性にも働きやすい環境ですが、ストレスがないわけではありません。今回は自分の心と身体のバランスを正常な状態に戻すのに役立つ、チベットのシンギングボウルをご紹介しましょう。

 

 

リラクゼーションに導く
「シンギングボウル」とは

チベットのシンギングボウルは元来、ネパール仏教やチベット密教の法具として使われてきました。マレットと呼ばれるスティックでシンギングボウルをこすったり、鳴らしたりすることで生じる美しい音の振動が、体内に含まれた水分を通じて身体に伝わり、心や身体に直接刺激を与えていきます。また、ボウルが奏でる音を高調波の音色として感じると、脳波を瞑想状態に導くことができるそうです。7つのメタルからできたチベットのシンギングボウルには、以下の効果があると言われています。

 

● リラクゼーション
● 神経系を落ち着かせる
● ストレス解消
● 痛みの緩和
● うつ病と不安の緩和
● 不眠症や頭痛の緩和
● 創造力と想像力の活性化
● 身体のつまりの浄化
● 記憶と学習の改善

 

アロマオイルの香りに包まれ、
ピラティスも取り入れた独自のメソッド

このシンギングボウルは、昨今ではメディテーションの一環として取り入れられています。「Pilates Kaori」もその1つで、ここではシンギングボウルにピラティスのエクササイズを組み合わせるほか、アロマテラピーの要素を取り入れ、嗅覚からも身体に働きかけるオリジナルメソッドを展開。

 

 

取材で訪れた同教室のレッスンでは、まずは自分自身の状態と向き合うことから始まりました。好みの香りのアロマオイルを選び、今の自分が何を求めているのかを探ります。そして、その香りを嗅ぎながら大きく深呼吸。その後、ピラティスの要素を取り入れたエクササイズへと移ります。

 

今回は女性限定の美を意識したレッスンだったので、腰回りや太ももの裏を重点的にエクササイズ。短時間にも関わらず、ピンポイントで身体の筋肉に働きかけてくるのを実感します。充分に身体が温まった後は、マットの上に横たわり、シンギングボウルによるセッションがスタート。

 

美しい音色を体全体で感じながら、ゆったりとした時間を過ごします。人によって音の感じ方はそれぞれだそうですが、心のつまりも取り除く効果があるそうです。慢性的な疲れを実感する編集Hは、その後、個人セッションを受けることに。シンギングボウルに温かいお湯を入れ、そこにリラックス効果のあるブレンドオイルを数滴加え、お腹に乗せ、音を奏でると、振動が身体に伝わりとても心地よい感覚を味わうことができました。何となくなく頭がスッキリし、リラックスしている自分を実感でき、しばらくは人に笑顔で優しく接することができると確信し、スタジオを後に。

 

「ONとOFFを上手く自分で切り替える、自己ヒーリングのツールとして活用してもらえると嬉しいです」とかおり先生。美に興味がある人も、ストレスから解放されたい人、癒されたい人も、そしてエクササイズで理想の体型に近づきたい人も、すべての要素が含まれたレッスンに参加して、自分の心と身体に合ったレッスンを探してみてはいかがでしょうか。

この記事は、シンガポールの日本語フリーペーパー「AsiaX Vol.328(2017年12月1日発行)」に掲載されたものです。取材・写真: 平野 かほる

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXビジネスTOP音には癒やす力があります。チベットのシンギングボウルで心と身体の...