シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXビジネスTOPシンガポール事業30周年 常に先を見据えた事業展開を

トップインタビュー

2017年7月26日

シンガポール事業30周年 常に先を見据えた事業展開を

JTBアジア・パシフィック本社 取締役社長 黒澤 信也(くろさわ しんや)氏

今年、シンガポールでの事業が30周年を迎えるJTB。近年ではグローバル展開を強化しており、シンガポールを訪れる外国人旅行者や、海外へ旅行するシンガポール人の多用なニーズに対応するための取り組みを続けている。またシンガポール政府は国策として外国人観光客の呼び込みに力を入れており、シンガポール政府観光局(Singapore Tourism Board:STB)によると、2016年にシンガポールを訪れた日本人観光客の数は78万人超に達した。一方で、日本側も訪日外国人向けのプロモーションを強化、日本政府観光局によると2016年に日本を訪れたシンガポール人旅行者の数は36万人超と過去最多を記録しており、現在の状況は同社にとっても追い風になっていると言えるだろう。今後シンガポール人の旅行ニーズはどう変化していくのか、そしてJTBの次の一手とは。シンガポールにあるJTBアジア・パシフィック本社の黒澤信也社長に話を伺った。

 

web324_IMG_1368

 

―まずご経歴についてお聞かせ下さい。

私は1984年にJTBに入社し、20代で主に営業、30代で営業企画、40代で事業開発に携わりました。50代に入ってからは、グローバル事業本部長に就任するなど海外ビジネスに携わるようになり、シンガポールには2016年4月に赴任しました。現在は特に、アジア・パシフィック地域における事業の拡大に向けて、日々努力しています。

 

―JTBは今年、シンガポールでの事業開始から30周年を迎えました。この間、シンガポールでの事業内容はどのように変化してきたのでしょうか。また現在、特に力を入れている点や、今後の展望などについて教えて下さい。

発足以来、シンガポール拠点はシンガポールを訪れる日本人旅行客を主なターゲットとしたビジネス展開を行ってきました。しかしながら、今後は少子高齢化の進展もあり日本国内の経済規模の縮小が予想されることから、日本からのお客様だけを対象にしていたのでは将来的にビジネスが成り立たなくなることが想定されます。特に人流が拡大するアジアに照準を合わせながらビジネスモデルを転換し、事業をグローバルに展開していくことは避けては通れない課題と言えます。来星する日本人が重要なお客様であることに変わりはありませんが、当社のビジネスはグローバル展開に向けてさらに多様化しています。

 

当社グループでは「世界発、世界着。」というスローガンを掲げ、グローバル戦略を拡大していく方針です。当地においても、シンガポールを訪れる他国の旅行者および、シンガポールから世界各国を訪れる旅行者を取り込むべく、ここ6~7年でさまざまな取り組みを行ってきました。

 

具体的な取り組みのひとつとして、現地の旅行会社の買収を通じた事業の拡大があります。2014年には、シンガポールの大手旅行会社であるダイナスティトラベルと、インバウンド旅行会社として有名なツアーイーストを買収し、現在シンガポールでは5社が傘下にあります。シンガポール人の旅行先は日本だけでなく、他のアジア各国や欧州、アフリカなど多岐に渡っており、これらのニーズに対応することは重要です。ツアーイーストは欧州、豪州からの旅行客を多く受け入れているなど、5社はそれぞれ違った強みを持っており、これらの企業のノウハウを学びつつ、シナジー効果を発揮しながらJTBとしてのブランド力を高めるとともに、シンガポールの旅行産業の発展にも貢献していきたいですね。

 

東南アジアのハブであるシンガポールは近隣諸国からの注目度も高く、シンガポールでのブランディング力強化は、他国に展開するうえでも大きな利点になります。

 

―他のアジア各国での取り組みについてはいかがでしょうか。

インドネシアでは、国内に約60店舗を擁する最大の旅行会社「パノラマグループ」と、アウトバウンド部門でジョイントベンチャーを今年の4月に設立しました。これにより60店舗の名称も「PanoramaJTB」になり、今後もインドネシア全土に出店を増やしていくことから当社のブランディングに貢献していくことを期待しています。パノラマグループは、もともと欧州や日本行きの旅行商品に強みを持っており、当社ともシナジーを発揮しやすいと言えるでしょう。

 

また2018年は、日本とインドネシアの外交関係樹立から60周年を迎え、記念のイベントが多数開催される見通しです。こうしたイベントのお手伝いもしながら、さらなるビジネスの成長を目指していきます。

 

シンガポールと同様にアジアパシフィックグループ14の国と地域において、店舗営業、Web事業や法人事業を強化している最中です。それぞれの国と地域の市場環境を背景に、地域特性を勘案しながらアウトバウンド事業、インバウンド事業のポートフォリオを組み立てています。

 

―この30年で、日本を訪れるシンガポール人の旅行ニーズはどう変化してきたのでしょうか。

シンガポール人を含め、アジアから日本を旅行する外国人観光客の旅行ニーズを見ると、東京、大阪といった大都市圏での観光や買い物だけでなく、北海道、九州をはじめとした地方へも分散しつつあります。また、リピーターが増えてきたこともあり食へのこだわりや体験型の旅を志向する方が増えているようです。例えばイチゴ狩りなど四季のフルーツを楽しめるツアーのほか、醤油づくりや着物の着付け、蕎麦打ちなどのアクティビティに関心を持つ方が増えています。また日本には、あじさい、ツツジ、サツキなど桜以外にも魅力的な花がたくさんあり、栃木の「あしかがフラワーパーク」といったレジャー施設も外国の方から注目を集めるようになりました。当社としても、こうしたニーズに対応していく考えです。

 

旅行のスタイルも、ホテルのオンライン予約やLCCの普及などを背景に、従来のパッケージ型から、FIT(foreign independent travel)と呼ばれる個人旅行を楽しむ人が増えています。そうしたお客様のニーズに応えていく一方、当社としては、人気のスポットに個人で手配するよりも優先的に、あるいは格安料金で入場できるなど、FITにはない特典をつけることで、企画性のあるパッケージ旅行の良さをアピールしていきたいと思います。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXビジネスTOPシンガポール事業30周年 常に先を見据えた事業展開を