シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXビジネスTOP鹿児島の素晴らしさを東南アジアに発信、シンガポールとの定期直行便...

シンガポールEYE

2017年6月23日

鹿児島の素晴らしさを東南アジアに発信、シンガポールとの定期直行便の開設目指す

323web_Kagoshima-ES-01

写真提供:許 原韶 ケナード

地元の食材を海外に広め、さらに旅行客を呼び込むべく、シンガポールでプロモーション活動を展開する日本の自治体は数多い。国際的な人的交流プログラムであるJETを通じ鹿児島県で働いた経験を持つ、シンガポール人の許原韶 ケナードさんも、そうした自治体の活動に携わる一人だ。幼い頃から日本のポップカルチャーに魅了されてきたというケナードさんは、両国の架け橋になるべく、鹿児島とシンガポールを行き来する日々を送っているという。そんなケナードさんに、鹿児島の魅力などについて聞いた。

 

―シンガポール国立大学(NUS)在学中に、日本への留学を3回経験していますね。日本に関心を持つようになったきっかけを教えて下さい。

幼い頃から、日本のポップカルチャーに強く影響を受けてきました。テレビでよく広東語吹き替え版のドラえもんを見ていたほか、エレクトーンを習っていた小学生の頃、課題曲の多くはTRFやSPEEDの歌うポップミュージックでした。高校生のときには、漫画「スラムダンク」の影響でバスケットボールを始めるなど、日本のドラマやアニメ、音楽、漫画、ビデオゲームに接する中で、日本語を学び、もっと日本のことをよく知りたいと思うようになったのです。

 

大学では日本研究を専攻し、福岡と京都、岡山に留学、日本語や日本の歴史、経済、社会などについて幅広く学びました。また京都で勉強していた頃、地元のハンバーガーショップでアルバイトを経験し、方言を含め生きた日本語を学ぶことができたのも貴重な経験です。これらの留学はすべて奨学金によるもので、将来は日本と関わりのある仕事に就くことで、何か恩返しがしたいと思うようになりました。

 

―どのような経緯で現在のお仕事に就いたのですか。

大学卒業後は、半導体を扱う日系商社に就職したのですが、日本の良さを海外に広める仕事がしたいという思いが強くなり、JET(地方自治体が総務省、外務省、文部科学省と一般財団法人自治体国際化協会の協力の下で実施している「語学指導等を行う外国青年招致事業」。The Japan Exchange and Teaching Programmeの略称)に応募し、鹿児島に行くことが決まりました。

 

鹿児島では、県庁の国際交流課や県民交流センターに勤務し、文書の翻訳や海外から訪れるVIPの通訳のほか、現地の小学校などを訪問してシンガポールの文化を紹介するなど、さまざまな活動に携わりました。JETプログラムの最後の年である2015年には、鹿児島県が東南アジアでのPR活動を強化するため、2016年に海外拠点を設置することを検討し始めました。私にも声がかかり、実際に海外展開が始まるまでの間に貿易関連の知識を身につけられるよう、鹿児島県貿易協会の専門嘱託員の仕事を紹介してもらいました。

 

2016年5月に鹿児島県ASEANディレクターへの就任が決まり、シンガポールに帰国。自分で貿易とマーケティングの会社を立ち上げ、県からの事業を受託する形で現在の仕事を始めました。

 

323web_Kagoshima-SHS-02-(1)

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXビジネスTOP鹿児島の素晴らしさを東南アジアに発信、シンガポールとの定期直行便...