シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXビジネスTOP元モデルが立ち上げた手巻き寿司店、健康志向なビジネスパーソンにも...

シンガポールEYE

2017年4月25日

元モデルが立ち上げた手巻き寿司店、健康志向なビジネスパーソンにも人気

Sushi Burrito 創業者 シェリー・アンさん

数多くの寿司店があるシンガポールで、2013年にオープンしたユニークな店がある。その名は、オリジナリティ溢れる手巻き寿司を提供する「Sushi Burrito」。創業者は元ファッションモデルのシェリー・アンさん。タンジョンパガーとチャンギ空港内に店舗を構え、シンガポール島内向けにデリバリーも行っている。レタスやアボカドなど新鮮な野菜をふんだんに使い、メキシカンスタイルも取り入れた新感覚の手巻き寿司は、シンガポール人らを中心に人気を博しているという。創業までの道のりや、今後のビジネスの展望などについて伺った。

 

321web_Store-pic-1

(写真提供:Sushi Burrito)

 

―SushiBurritoを立ち上げようと思ったきっかけについて教えてください。

私は以前から、いつか自分で事業を立ち上げたいという思いを持っていました。不動産業界で3年ほど働いた後、退職して米国を旅行していたときに、寿司の具材をブリトー(肉やチーズなどをトルティーヤで包んだメキシコ料理)風にアレンジした料理を食べ、もっとクオリティの高いものを提供できれば、シンガポールでも受け入れられるのではないかと思ったことが起業のきっかけになりました。

 

それまで飲食業での経験はありませんでしたが、4ヵ月ほどシンガポールで日本人のシェフと一緒に働きながら業界のことを学びました。

 

―ファッションモデルとしてのご経験もあるとのことですが、どのような活動をされていたのでしょうか。またその経験は、今のビジネスにどう役立っているのでしょうか。

学生時代からモデルの事務所を経営しており、モデルをイベントなどに派遣するとともに、自分自身もテレビCMなどに出ていました。仕事を得るにはオーディションを通過しなければならず、大きなプレッシャーがかかります。そうした中でプレッシャーと戦い、自分に自信をつけることができた経験は、今の仕事でも役立っています。また周囲にいた起業家の方々が私のメンターになってくれたことも、自分が成長できた理由のひとつです。

 

―製品・サービスの特徴についてお聞かせ下さい。

当社の手巻き寿司は野菜を多く使っているためヘルシーで、グルテンフリーのメニューも用意しています。普通のケータリングサービスとは一味違ったメニューとして、パーティーやイベント向けにも人気があります。シンガポール島内ならどこでも配達しており、CBD(Central Business District)エリア内、もしくは50Sドル以上の注文の場合はデリバリー料金を無料にしています。

 

―商品開発について、どのような工夫をされているのでしょうか。

定期的にイベントを開催しており、テストメニューを試食してもらう場を設けています。評判の良かったものは積極的にメニューに取り入れています。またお客様からのフィードバックを元に、シェフと相談しながら常に新メニューを考案しており、商品ラインアップは毎年大幅に変えています。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXビジネスTOP元モデルが立ち上げた手巻き寿司店、健康志向なビジネスパーソンにも...