シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXビジネスTOP日本&シンガポール バレンタイン意識調査

ビジネス特集

2017年1月23日

日本&シンガポール バレンタイン意識調査

317web_VtSurvey_Banner

 

今年も2月14日のバレンタインデーが近づいてきました。日本では女性から男性へチョコレートを贈るのが一般的ですが、シンガポールでは逆に男性から女性にプレゼントを贈る習慣があります。両国ではバレンタインデーへの意識についてどのような違いがあるのでしょうか。日本・シンガポール人それぞれに(男女比5:5)、独自に実施した調査を元にまとめてみました。

 

317web_VtSurvey_Q1
317web_VtSurvey_Q2
317web_VtSurvey_Q3
317web_VtSurvey_Q4
317web_VtSurvey_Q6
317web_VtSurvey_Q6-r2

日本人女性は家族、シンガポール人男性は恋人にプレゼントを贈ると答えた人が最も多く、相手の人数は日本、シンガポールともに1人が最多。また日本人女性の場合、5人以上にプレゼントするという人は複数おり、そのうち多くは勤務先の同僚に贈るという結果が出ました。一方、勤務先の同僚にプレゼントすると答えたシンガポール人男性は少数にとどまりました。職場で義理チョコを渡すカルチャーは、やはりシンガポールではマイナーなようです。
プレゼントの予算について、日本人女性は100Sドル以下と答えた人が大半でしたが、シンガポール人男性の中には、500Sドル以上とお金をかける人も。
もらいたいプレゼントについて、チョコレートと答えた日本人男性は少数にとどまり、あまり高価なものは求めない傾向に。一方シンガポール人女性の場合、「花」と答えた人が多く、バレンタインに花を贈る文化のあるシンガポールらしい結果になりました。一方では、車やジュエリーを挙げた人も。

317web_VtSurvey_Q7

  • 手編みのマフラーをもらった時にホワイトデーのお返しを何にするか困った(日本人男性)
  • 毎年母親からチョコレートが送られてくる。お母さん、そこまで気にかけてくれなくてもいいんだよー><(日本人男性)
  • ハローキティの限定商品をプレゼントする予定です。彼女には喜んでもらえると思います(シンガポール人男性)
  • バレンタインデーは自宅で妻とテレビを見ながら食事をします。シンプルですが最高の過ごし方です(シンガポール人男性)
  • 若かりし頃、一生懸命作った手編みのセーターを彼にプレゼント。その翌週、彼の妹がそのセーターを着ているのを見て悲しいと言うよりただただ驚愕!!!でした(日本人女性)
  • 45年前の流行り始めに大学教授に生徒グループでチョコを渡したら、教授が感激のあまり涙ぐんだ事。今でも鮮明に覚えています。嬉しかったです(日本人女性)
  • 巨大な花束をもらい扱いに困った(シンガポール人女性)
  • 夜に知らない男性が大きな花束を持ってやってきたのでびっくりしました。訪問先を間違えていたようです(シンガポール人女性)

この記事は、シンガポールの日本語フリーペーパー「AsiaX Vol.317(2017年1月23日発行)」に掲載されたものです。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXビジネスTOP日本&シンガポール バレンタイン意識調査