シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXビジネスTOP失われた心の豊かさを取り戻すために、感動を創造する。

トップインタビュー

2006年5月1日

失われた心の豊かさを取り戻すために、感動を創造する。

ワオ・グループ代表 映画監督 西澤昭男さん

0

この4月、シンガポール国際映画祭にアニメーション作品を出展した監督西澤昭男氏が来星した。その西澤氏、日本で今年創立30周年を迎えた、幼児から社会人まで多領域にわたる学習教室や各種スクールを全国展開しているワオ・グループの代表でもある。また、この春、シンガポールに新たに学習塾を開校した。
今回シンガポールで上映された映画は「NITABOH 仁太坊―津軽三味線始祖外聞」。日本でもキャラバン方式で100カ所を超える学校や施設で上映され、高い評価を受けた。その後、海外の映画祭で受賞したり、公式招待されるほど、時代と国境を越えたメッセージ性の高い作品である。「真の国際人とは、まず自分の国の良さを十分に知る事と言いますが、この映画は、我々の伝統や文化を忠実に反映した、極めて日本的なものであるという点が外国の方々にも受け入れられたようです。」と西澤氏は語る。
1

脚本と監督を手がけた西澤氏のこだわりが、津軽三味線の演奏や音楽、アニメそのもののクオリティーなど作品の随所に表れている。「時代の変化の中で、盲目というハンディを背負って、生きる為に死にものぐるいで芸を磨き、今に伝わる津軽三味線を創った仁太坊という人物、彼の生き様に強く惹かれました。」と、西澤氏はこの作品を第一作目として選んだ理由を説明した。そのストーリーは、ほぼ満員となった先日のシンガポールでの上映に足を運んだ人々の中にもしっかりと受け止められたはずだ。その好評を受けて、出来上がったばかりの第二作目も是非シンガポールで上映を、との声が既にかかっている。

 
西澤氏は、ワオ・コーポレーションの21世紀のテーマとして教育とエンターテイメントの融合「エデュテインメント」を掲げている。アニメーション映画製作の取り組みも、アニメという総合芸術がもつ教育効果の確信から生まれた発想だ。
日本の子供達の学力低下が囁かれ、勉強そのものが本来自分の為のものという意識すら薄れてきているという事実を目の当たりにしている西澤氏は、従来の教育スタイルだけでそれを盛り返す事は難しいだろうと考えている。「“学ぶ”とは本来感動がともなうべきなのです。感動があるからもっと学びたい、難しい事にも挑戦したいという気持ちが生まれ、それを経験することで真に活躍できる社会人になれるのです。」と思いを語った。

 
ワオ・コーポレーションは、日本全国に学習塾や社会人向けの資格カレッジなど35都道府県に直営の拠点を持つ。文字が中心だった教育コンテンツを早々に映像化するなど、今後もCGなどの技術を駆使してより効果的で学ぶ側にとって魅力的なものにしていく予定だ。また、日本全国の拠点を繋いだネットワークを生かして、不登校などの子供達がテレビ会議システムなどを使い、通信制単位制高校の資格を取得する学習システムもこの春立ち上がった。

2

常に最新の技術と革新的な発想で事業展開する中、教育現場における人材も事業の要としながら、「学習塾の先生達には志を持つこと、技術としての教育力を高める努力を求めています。授業の為の研修は随時行っていますが、指導能力の一つとして、子供達にとって魅力ある授業、つまりエンターテイメント性のある授業をする必要があると思います。その為に演劇や歌など自己表現力を高めるためのトレーニングを取り込んだプログラムも考えています。」と、教育者として後進を育てることにも意欲的だ。

 
学生運動の激化で大学院での研究を中断し社会に出たとき、学校で習った事が何も役に立たず、「勉強って何?」との思いに駆られ、社会に通用する実践的な勉強ができないかと考えたのが創業の原点だったという。

 
最初から目標は日本一になること。開設当初は、大阪の拠点を中心に地方都市へ新幹線で移動して授業をして戻ってくるという日々を送っていた。「一年一年積み重ねているうちにここまでの会社になりました」と言う西澤氏は、「絶えず前進する為の高い目標を共有する事が大切。いつかは到達できるということを実証しながら夢を語り続けていくことです。」と、全国規模の教育機関へ成長したプロセスを振り返った。そこには、「自燈明」という釈迦の言葉を引用しながら、自らたいまつを持って歩く、人がやったことではなく、自分がやりたい事をきっちりやっていく大切さを信条とする西澤氏があった。

 
今回の映画のエンディングテーマも自ら作詞した西澤氏。何かに迷いがちな今の十代の子供達へ、小さい頃受けた親や周囲からの愛情を思い出して欲しいというメッセージを込めたという。映画を通して、教育を通して、日本の、そして子供達の心豊かな将来のために奔走する西澤氏の志はどこ迄も高い。

WAOシンガポールオーチャード校
583 Orchard Road #09-04 Forum 238884
TEL:6733-5144

583 Orchard Road Forum 238884

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXビジネスTOP失われた心の豊かさを取り戻すために、感動を創造する。