シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXビジネスTOPメールをバックアップしておきたいのだが、何をバックアップすればい...

企業IT・システム相談

2008年8月4日

Q.メールをバックアップしておきたいのだが、何をバックアップすればいいの?

知っているようで知らない電子メール

メールのデータが壊れることも結構多い。バックアップは定期的に。

 

バックアップが必要な内容は、アドレス帳、メールメッセージ、メール設定。

 

実際のバックアップ方法は、以下のサイト等が参考になる。

 

Outlook Express メールデータバックアップ

会社等で本格的なメールのバックアップが必要という場合はメールバックアップ専用の「MailStore」というソフトがお薦め。

 

Q.  メールの仕組みはどうなっているの?

メールの仕組みをごく簡単にまとめてみよう。このような仕組みはプロトコルと呼ばれるコンピュータ同士が情報を交換するためのルールが決められている。

  1. メール送信の仕組み(SMTP: Simple Mail Transfer Protocol)
  2. メールを受け取る仕組み

メールを受け取る仕組みには2通りある。POP3(Post Office Protocol)とIMAP4(Internet Message Access Protocol)と呼ばれるものだ。どちらも同じような感じでメールを読むことができるが方式は全く異なる。

 

電子メールの簡単な仕組み

127

メールを送信するとメールは送信メールサーバに送られる。送信メールサーバーは、宛先の受信メールサーバへ向けてメールを転送する。メール受信者は、自分のPCをインターネットに接続し、メール受信サーバ上のメールを取り出す。スパムメール対策等の原因により途中でメールが消失することもある。また、メールは通常暗号化されていないので秘匿性は無い。

 

POP3(Post Office Protocol ポップ3)

メールサーバーにメッセージを残すという指定をしない限り、メールの送受信を行うとメッセージが自分のPCに転送され、受信が確認された後、サーバからメッセージが自動的に削除される。メールメッセージの管理は自分のPC上で行う。

 

IMAP4(Internet Message Access Protocol アイマップ4)

意図的に削除しない限り、メールメッセージはサーバ上に残る。メールメッセージはサーバ上で管理する。今後、利用者が増えていくと予想される。

以下のような場合、POP3よりもIMAP4が有効だ。

a.  複数のPCで同一メールアカウントのメールのやり取りをしている。

b.  複数のスタッフで同じメールアドレスを使用している。

c.  携帯電話でメールのやり取りをしている。

 

サーバ上に大きなメール用スペースを確保する必要がある。PC上のデータと同期を取り、コピーを自分のPC上に置いてオフラインで使用することも可能。

 

Q.  Web Mailとは?

Webブラウザを使用したメールのやり取りのこと。hotmail、gmailなどが代表的だが、通常の一般的なメールサービス(singnet, pacific net等)でもブラウザから使用できる。但し、シンガポール国内のメールプロバイダによっては日本語の部分が文字化けする。利用するメールサービスを選ぶ場合、Web Mailで日本語がちゃんと使用できるかどうかチェックしておくと良いだろう。逆にhotmail、gmailでもPOP3を使ってOutlook等でメールの送受信を行うことができる。

この記事は、シンガポールの日本語フリーペーパー「AsiaX Vol.127(2008年08月04日発行)」に掲載されたものです。
取材協力=ヒューミント 川田康廣
本記事は一般的情報の提供のみを目的として作成されており、個別ケースについて、正式な助言なく、本情報のみに依存された場合は責任を負いかねます。

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXビジネスTOPメールをバックアップしておきたいのだが、何をバックアップすればい...