シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXビジネスTOP理想のライフスタイルを叶える海外移住のすすめ

企業紹介

2013年5月5日

理想のライフスタイルを叶える海外移住のすすめ

GLOBAL ASIA INVESTMENT GROUP

0

今年で海外在住11年目を迎える藤村氏は、2010年からマレーシアのジョホール・バルにて日本からの海外投資のコンサルティングを行うグローバル・アジア・インベストメント社を経営する。

 

ジョホール・バルの大規模都市開発の旗印であるイスカンダル計画と暮らしやすい環境に目を付け、3年前に家族とともに移住した。グローバル・アジア・インベストメント社では、海外移住や投資目的の不動産物件としてジョホール・バル、フィリピンのセブ、タイのアユタヤの優良物件のみを販売、その他の資産運用、ロングステイビザ取得代行や生活上のさまざまな相談を受けたりと、自らを「海外を活用する上でのプライベートバンクを目指している」と説明する。

 

 

―今、どうして海外移住なのでしょうか。
海外を上手く利用して、それぞれ理想のライフスタイルを実現して欲しい。特にアジアでは、生活費のコスト削減、成長過程の市場での資産運用など、夢を実現するスピードを早めることができます。私自身のケースは、いわば、「教育移住」をしたケースです。自分の子供は、海外で育てる決心をしていましたから、気候も良く多民族・多文化の環境で、英国の有名校マルボロカレッジが招聘され、投資価値の高い不動産があるジョホールバルは理想的な街であり、今では十分それを実感しています。マレーシアは、MM2H(Malaysia My 2nd Home)ビザという海外ロングステイ向きのビザが取得できます。上手に計画すれば、生活上必要なマイカーの取得などにも有利になりますよ。
その他、フィリピンのセブでは、我々の働きかけにより、指定物件を購入するだけで預託金無しでロングステイ・ビザが発行されるなど、よりスムーズに皆さんの移住のお手伝いができます。
 
―海外での投資、中でも不動産購入を勧めるのはなぜですか。
自らの金融業界での経験からも、海外投資はできるだけリスクを避けるべき。その点から資産価値がゼロになることはまずない不動産にすべきでしょう。株式などは、市場を外国人が把握するのはより難しく、リスクも高い。不動産は、質の良い物件、エリア、デベロッパーを選べば、時間をかけても堅調に価値が上がります。
 
―貴社の「リトルジャパン」構想について教えてください。
海外に住むことが特別で難しいと考える方々のために、弊社のイニシアティブで日本人が安心して住める街をつくろうというものです。ジョホール・バルでは、設計段階から日本人が使いやすい仕様のコンドミニアムの建設に関わり、例えばクラブハウスに大浴場を作ったり、全室ウォシュレットを装備したり。また敷地内にはコンビニエンスストアや病院の他、日本食レストラン、日本人の東洋医学のクリニックなどを誘致しています。フィリピンでは、日本語や日本のマナーがわかり、日本食をつくれる“お手伝いさん”の育成をしています。リタイヤメントだけでなく、すべての世代の方が海外移住できるよう、語学教育からインターナショナルスクール入学までのバックアップ体制もあります。そういったコミュニティーができることで、不動産の資産価値も上がると信じています。

 ―藤村さんの夢は何ですか。個人的には、世界中すべての国を見てみたいし、住んでみたいですね。ビジネス的には、世界中にオフィスを持ちたい。そして、海外に出たいすべての日本人の方が、グローバル・アジア・アセットがあるから、安心して海外に出られる、暮らせると言われたいですね。

Molek Pulai(モレック・プライ)ジョホール・バルの新規プロジェクト、好評分譲中!

0

Molek Pulaiコンドミニアムは、現地最大手デベロッパーでシャングリラホテルを傘下にもつKUOKグループが街全体の開発を手がけているモレック地区にあります。過去40年以上の実績があり、安定した経営基盤をもつKUOKグループは、国内外からも信頼を寄せられています。モレック地区のマスタープランは、日系大手設計会社の「日建設計」が手掛けています。
コンドミニアムの品質も安心できます。今回全130戸のうち、40戸限定のご紹介です。

 

0
Tel: 6828-9176 担当:坂上(さかのうえ、Mr)
Email:info@globe-malay.com
URL:http//www.global-macau.com

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXビジネスTOP理想のライフスタイルを叶える海外移住のすすめ