シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXビジネスTOP豊かな暮らしや産業の発展に貢献

企業紹介

2010年5月17日

豊かな暮らしや産業の発展に貢献

シンガポール・オリエンタルモーター

0

 

 

 

 

 

動力、速度制御、位置制御、機構制御、温度管理など、すべての世の中の「動き」に関わるモーターにおいて、日本のトップブランドのひとつとして知られるオリエンタルモーター。シンガポールでは、1982年より、Singapore Oriental Motor Pte Ltdとしてサービスを開始、リージョナルヘッドクォーターとして地域を統括しています。日本国内と同様、製造、販売、技術が一体となった製品とサービスで、あらゆるニーズに応えています。

 

約1万5,000種類のモーターを取り扱っています

日本で取り扱いのある約1万5,000種類のモーターのうち、輸出規制対象貨物として規制があるものを除いて、全てシンガポールでお求めになれます。

 

 

充実の無料サービスをご利用下さい

モーターの選定や使い方、技術上の問題点など、ご購入前のお問い合わせからご購入後のアフターケアまでシンガポール国内にて承ります。

詳しくは日本語お客様ご相談センター(+65-6745-3008)へお問合せください。

 

 

オリエンタルモーターの無料サービス

  1. 技術セミナー講師が実際の製品などを使いながら、英語でご説明する講議形式の技術セミナーです。理解度や目的に応じたセミナーをお選びください。セミナーの内容や受講申し込みはウェブサイトをご確認下さい。
  2. 機種選定サービス幅広い種類から最適なモーターを選定するために、手間のかかるトルク計算等もオリエンタルモーターがお手伝い。それぞれのニーズを伺いながらサポートいたします。
  3. フィールドサービス結線や設定、動作確認、モーターの選び方などお電話では解決できない場合、お客様の現場に専任の技術担当員がお伺いするフィールドサービス(FS)をご利用下さい。島内どこへでも無料訪問いたします。
  4. 検査修理万一、お買い求めになった製品に動作不良、故障などの不都合が発生した場合は、検査・修理を承ります。検査は常時無料、修理は保証期間2年以内であれば無料です。
シンガポールに「日本語お客様ご相談センター」あります担当 高田めぐみさん

2

 

 

 

「日本でモーターと言えばオリエンタルモーター、オリエンタルモーターといえばお客様ご相談センターといわれるほど、充実したサービス体制で知られております。」と明るい笑顔で語る高田さん。

 

高田さんは、そのサービスをシンガポールでも実現させるため、本社よりシンガポールへ派遣され、常駐で日々日系企業からの問い合わせに対応している。入社以来、日本でもお客様ご相談センターの業務を担当し、製造、技術、営業各部署と連携しながら的確なアドバイスやサービスを提供してきたフロントパーソンだ。

 

シンガポール・オリエンタルモーターでは、半導体メーカーやファクトリーオートメーション(FA)業界などの顧客を中心に、生産設備を持つ企業向けに、各種モーターを一台より提供している。メーカーでありながら、一社または個人の顧客に一台から製品を提供する「汎用一個売り」のポリシーのもと、一台でもオリエンタルモーターの製品があれば、様々な無料サービスを利用できる。「小口や新規のお客様にも充実したサポートが提供できるのも弊社の強み。製品の性能はもちろんですが、自社製品に関して弊社は修理やサービスを無料で承ります。それぞれのお客様を大事にすることで、リピーター獲得へ繋がる好循環を生み出しています」と、高田さんはいう。

 

製造業界でありながら、女性が問い合わせ窓口で対応することに驚かれることも多い。とはいえ、顧客のニーズを聞きながら、5センチはある分厚い商品カタログの中からスピーディーにモーターを選定していく様子は頼もしい限り。「弊社のご相談センターの担当は全て女性です。私も入社してから商品知識を身につけました。お客様の問題を解決するためには、もちろん、更なる技術面での知識も必要となりますが、まずは、お客様のニーズとその問題点を的確に把握することが大切です」と高田さん。女性の打たれ強さ、粘り強さを活かしたオリエンタルモーターのサービスの要がここにある。

 

3

「先日、タイのお客様からお電話があり、半導体やハードディスクの製造装置に使われるサーボモーターが故障したというご相談がありました。マニュアルだけでも300ページはある高性能の製品です。動かなくなった現状に対して、お客様との確認作業では、何のためにその状態をチェックし、どうしてそれを問題としているのかを十二分に説明しました。一時間半に及ぶ電話でのやりとりの結果、最終的に到達した問題の原因について納得して頂くことができました。総合的に状態を判断していることが伝わり、嬉しかったです」と語る。
海外では、古い製品を使用している事も多く、現場で状況を把握しづらい事も多々あるようだ。高田さんは、前述の事例も含め、現地に日本語の相談窓口のある意義を一層感じている。「弊社の商品を知る方は多いのですが、シンガポールに日本語お客様ご相談センターがあることを知らない方も多いようです。製品に関するご相談の他、現地のスタッフ向け技術セミナーを開催してほしい、などのご相談も、是非お気軽にお問い合わせ下さい」と付け加えた。シンガポール・オリエンタルモーターは、地域統括拠点として、マレーシア、タイ、インドネシア等のエリアからの問い合わせも随時受け付けている。

INGAPORE ORIENTAL MOTOR PTE LTD (セールスオフィス、ショールーム)
31 Kaki Bukit Road 3, #04-02/04 TECHLINK, Singapore 417818
TEL:6745-3008(日本語お客様ご相談センター)

31 Kaki Bukit Road 3, TECHLINK, Singapore 417818

この記事は、シンガポールの日本語フリーペーパー「AsiaX Vol.167(2010年05月17日発行)」に掲載されたものです。
文=桑島千春

おすすめ・関連記事

シンガポールのビジネス情報サイト AsiaXビジネスTOP豊かな暮らしや産業の発展に貢献